☆偶数月第一土曜に語り合いの会をもっています☆


by あ~あ
アスペルガーのパートナーの方へ


こんにちは。

お誘いのための投稿です。このお誘いも六回目になりました。
アスペルガーのパートナーの方、ご都合がつけば、ご興味があれば、ご参加ください。
アスペルガーのこと、まだまだ理解されていません。アスペルガーのパートナーのことで何か困っていませんか?悩みを語り合いましょう。情報交換しましょう。

                                                  ブログ管理人
                                                        あ~あ



******************************************


*にじいろ*お誘い

・日時:6月5日(土)
    午後1時30分から一時間程度


・場所:大阪市青少年文化創造ステーション(ココプラザ)7階
    JR新大阪東口より徒歩5分
    http://www.kokoplaza.net/


・参加費:300円


・内容:語り合い、アスペルガーについての情報交換


・対象:パートナーがアスペルガーだと考えている方(医療機関等での診断は問いません)


・問い合わせ:まずは、このブログのコメントにお書きください。お返事します。
        カギ付きコメントの場合、メルアドなどの連絡先もお書きください。
        内緒のお返事が必要な場合もメルアドなどの連絡先をお書きください。



                             
                    
*******************************************


主催者、るいっちさんが準備されている「ちらし」を一部以下に引用ご紹介します


★パートナーとの関係が上手くいかないのは誰のせいじゃないこともある
○パートナーにこんなことはありませんか?

□団体行動ができず、他人に迷惑をかけても平気だ
□言葉通りに受け止めてしまい冗談や社交辞令がわからない
□給料や小遣いの見通しがたてにくくパッとつかってしまう
□自分流に固執しやすく、他人の意見を受け入れにくい
□指をパタパタさせたり、胸の前でヒラヒラさせたりすることがある
□力加減がわからず物を壊したり大声で話す
□DVにハネムーン期がない 怒りをためている感じがない
□パートナーが傷つく言葉を考えなしで平気で口にする
□情緒的なつながりが子供と持てない
□場の空気が読めない
□知的には全く問題がない
□音、味、臭い、触感に敏感である
□話し合いが全く出来ない


○アスペルガー症候群の配偶者およびその周辺の人々のための自助グループです。
認定されている、いないは問いません
結婚している人、離婚した人も問いません
[PR]
# by aaa-ruicchi | 2010-04-04 00:22 | オフ会お誘い(偶数月第一土曜)
ご報告です。


本日、4月3日(土)、13時30分から新大阪のココプラザでにじいろの会が持たれました。

今日の主な話題は’アスペルガーである配偶者の立場’です。アスペルガーを配偶者にもつという立場であることで経験することの特異性を思いつくまま話し合いました。
アスペでなくてもお互いパートナーでありつづけることにはさまざまな問題があると思います。ただ、問題の質は明らかに違います。しっかりと経済的に自立する必要があるとの意見もありました。これは配偶者がアスペでなくても共通する解決策でもあります。ここでは、参加者の方が引用された書籍と発起人るいっちさんの用意されていたコピーの出典が同じでした。「一緒にいてもひとり」というタイトルそのものが、アスペ配偶者との結婚が大変かと連想させられます。

参考:カトリン・ベントリー著・室崎育美訳 『一緒にいてもひとり-アスペルガーの結婚が上手くいくために』

★アスペルガーである配偶者との関係(配偶者の立場から)
・アスペ配偶者はその配偶者に本性を出す(親には従うふり) 
 →アスペ配偶者の親の意見=「この子は手がかからない」
・‘パートナー’という意味の理解そのものが不明確に認識されている
 →「なんのために結婚したの?」とアスペルガーである配偶者に問うと、「さぁ?」、「みんなするから」
・異文化=「なんでそうなるんやろ?」と感想を持つ
・無意味=アスペ配偶者に対してのおこなったことはすべて、無意味 今までの苦労は水の泡
・情緒的に枯渇
・どう対応すればいいかわからない
・異星人

★アスペルガーの特質
・変化に弱い=ルーティンには対応できるが、突発的な出来事へはできない(対応の必要が感じられない)
 →パニックをおこす・一人になる・狭いところに入る
・奥深い=何らかのスペシャリストであり、趣味も奥深く極めている
・見通しがたれられることには強い
・見えている・聞こえているのに、理解していない
・わかりやすい関係ならOK=例えば上下関係・すべきことが明確な職場
・すぐ忘れる=どんなに激しく怒り狂っていても、翌朝何もなかったようにふるまう
・アンバランス(子どもに対して、ほったらかし←→つよくコントロールする)
・相手の気持ちに配慮できない、置き換えができない
・さじ加減がわからない

★理想的な、アスペ配偶者との関係
・相手のキャラをたてる
・お互いに育つ=共育

★複数人からの困ったこと具体例(アスペ夫と妻、妻の立場から)
幼い子どもが突発的な病気でそれに対応してるのに、まったく関わりのあることとして認識していない。 
そのような状況でも、自分自身の食事の準備ができていない等で、文句をしつこく言う。

◎参加者の方からご紹介のあった書籍です。
”An Asperger Marriage”
“Aspergers in Love”
Jessica Kingsley Publishersから、今日の話題に関する書籍が出版されているとのことでした。

◎参加者の方からご紹介いただいたセミナーです。
「第2回発達障害エンパワーメントセミナー~自閉さんの五感のアンバランスさと工夫法~」が平成22年4月18日13:30~あります。場所は三木市です。みきの会が主催です。

ブログ管理人の感想です。
 上に、(プライバシー配慮のため)具体例を除いた、参加者の方々からの活発なご意見を三つに分けて並べました(重複している文章がありますが、お許しください)。私自身が深く共感をもち書き留めた言葉です。このように何気なく出ている言葉一つ一つが日々の生活で得られない「共感」、「癒し」になります。今までのアスペルガーを配偶者にもっている経験は共感してもらえない、わかってもらえないことの連続でした。困っていること自体がわからなくなっていたのだと、参加者の方々の発言を聞きながら、自分で発言しながら、感じました。
 私自身、混乱しているときは、「ジェンダー」や「異文化」という言葉で、納得しようとしていました。男性と女性という性による社会的な役割からくるもの。結婚はどこの家庭でもそれまでの育った環境が異なることから、異文化だ。もちろん、結婚した男女の関係にはジェンダーや異文化は密接に関係があります。しかし、そうではなく、生得的な異なり(=アスペルガー)の上にジェンダーと異文化があるのだとやっと気付きました。
 この会は経験者の方とお話しでき、そのことで一息つける、ありがたい存在です。

以上です。
[PR]
# by aaa-ruicchi | 2010-04-04 00:16 | ご参加へのお礼とご報告
アスペルガーのパートナーの方へ


こんにちは。

お誘いのための投稿です。このお誘いも五回目になりました。
アスペルガーのパートナーの方、ご都合がつけば、ご興味があれば、ご参加ください。
アスペルガーのこと、まだまだ理解されていません。アスペルガーのパートナーのことで何か困っていませんか?悩みを語り合いましょう。情報交換しましょう。

                                                  ブログ管理人
                                                        あ~あ



******************************************


*にじいろ*お誘い

・日時:4月3日(土)
    午後1時30分から一時間程度


・場所:大阪市青少年文化創造ステーション(ココプラザ)7階
    JR新大阪東口より徒歩5分
    http://www.kokoplaza.net/


・参加費:300円


・内容:語り合い、アスペルガーについての情報交換


・対象:パートナーがアスペルガーだと考えている方(医療機関等での診断は問いません)


・問い合わせ:まずは、このブログのコメントにお書きください。お返事します。
        カギ付きコメントの場合、メルアドなどの連絡先もお書きください。
        内緒のお返事が必要な場合もメルアドなどの連絡先をお書きください。



                             
                    ★4月3日(土)の次は6月5日(土)の同じ時間、同じ場所で、です。
*******************************************
[PR]
# by aaa-ruicchi | 2010-02-07 23:58 | オフ会お誘い(偶数月第一土曜)
ご報告です。



本日、2月6日、13時30分から新大阪のココプラザでにじいろの会が持たれました。


今日の主な話題は’自分をころさない’です。アスペルガーの配偶者と向き合っていると、どうしてもあのこだわりで押し切られてしまうことが多々あります。では、どのように自分の考えを、人生を守っていくか・・・。また、言葉でも傷つけられたりすることが多いアスペルガーの配偶者にも人権があり、プライドがあります。どのような智恵が必要か?思いつくまま話しました。



今日の会で心に残ったことです。
とにかく、共感が得られたこと、これが大きかったです。同じように経験を共有できることって、アスペルガーの配偶者は機会が少なすぎます。

ブログ管理人が数日前梅田の紀伊国屋でアスペルガー関連の書籍が平積みされているのをみました。そこにおいてあった書籍の一冊をもっていましたので、紹介しました。

・佐々木正美・梅永雄二監修『大人のアスペルガー症候群』講談社

です。


最後にこのブログのタイトルにもなっている「にじいろ」ですが、
いろんな色がある、お互い混じり合うことなくそれぞれがそれぞれに色でありつづける
だそうです。
今回の話題、「自分をころすことなく」につながります。自分をころすことなく、自分の色を変えることなく、染まることなく、他の色も尊重できる、そんな想いで発起人るいっちさんが命名した会の名前です。
[PR]
# by aaa-ruicchi | 2010-02-07 09:56 | ご参加へのお礼とご報告
アスペルガーのパートナーの方へ


こんにちは。

お誘いのための投稿です。このお誘いも四回目になりました。
アスペルガーのパートナーの方、ご都合がつけば、ご興味があれば、ご参加ください。
アスペルガーのこと、まだまだ理解されていません。アスペルガーのパートナーのことで何か困っていませんか?悩みを語り合いましょう。情報交換しましょう。

                                                  ブログ管理人
                                                        あ~あ



******************************************


*にじいろ*お誘い

・日時:2月6日(土)
    午後1時30分から一時間程度


・場所:大阪市青少年文化創造ステーション(ココプラザ)7階
    JR新大阪東口より徒歩5分
    http://www.kokoplaza.net/


・参加費:300円


・内容:語り合い、アスペルガーについての情報交換


・対象:パートナーがアスペルガーだと考えている方(医療機関等での診断は問いません)


・問い合わせ:まずは、このブログのコメントにお書きください。お返事します。
        カギ付きコメントの場合、メルアドなどの連絡先もお書きください。
        内緒のお返事が必要な場合もメルアドなどの連絡先をお書きください。




*******************************************
[PR]
# by aaa-ruicchi | 2009-12-21 00:25 | オフ会お誘い(偶数月第一土曜)