☆偶数月第一土曜に語り合いの会をもっています☆


by あ~あ
カサンドラとにじいろ

まず、用語の確認と、‘にじいろ’の対象者さんについてです。
アスペルガー(数年前まで医学・心理学で使われていた)、カサンドラとも、専門用語ではではありませんが、ここでは使用します。
‘カサンドラ愛情はく奪症候群’に関しては、沖縄と札幌で診断が下されたとお聞きしたことがあります。しかし、一般的に専門用語ではなく、何らかのアスペルガーやカサンドラの書籍を読んで環境や症状が似ていると感じた方を対象とした会として‘にじいろ’は活動しています。

次に、アスペルガー(AS)について述べます。
アスペルガー症候群(AS)とは、自閉症と同じ特徴を持ちながら、言語能力に関する遅れが見られません。知的レベルが高い人が多いです。アスペルガー(AS)を三つのタイプに分けると、積極奇異タイプ(誰とでも積極的に関わろうとする)、孤立タイプ(一人でいることを好む)、受け身タイプ(愛想がよく控えめだが頑固、ひとりでポツンといる)です。

アスペルガー症候群(AS)の基本的な特徴は、社会性の障がい、コミュニケーションの障がい、想像力の障がいです。他に感覚過敏、防衛意識が強い(プライドが高い、言い訳が多い)が一般的に言われており、基本的な特徴が三つあることから三つ組の障がいとも言われています。

具体的には独自のルールを持つ、場の空気を読むことができない、他人の気持ちがわからないなどが挙げられます。

このような特徴であるアスペルガーの人との関わりから、カサンドラが引き起こされます。
カサンドラ愛情はく奪症候群(CAD)はアスペルガー症候群(AS)のパートナーと、情緒的(共感的)な相互関係が築けないために生じる二次障がい(身体的・精神的症状)を表す言葉です。

家族は多かれ少なかれアスペルガー(AS)の人の言動に振り回されています。そのほとんどの場合、アスペルガー(AS)という障がいがあることに本人も家族も気づいてはいないからです。「本人のわがままで自己中心的な性格の問題」として片づけられているケースが多いです。

アスペルガー(AS)をパートナーにもっている人は、家庭内でコミュニケーションがうまくいかず、自信を失ってしまいます。この現状を世間に伝えても、周りからは問題なくみえるため、周りから信じてもらえないことの葛藤から精神的、身体的苦痛が生じます。
この積み重ねにより、身体的症状(不眠、偏頭痛、体重の増減、自己評価の低下、パニック障がい、抑うつ状態、無気力、免疫力の低下、体調不良などなど)や心理的な苦痛(怒り、不安、情緒不安定、無能感、孤独感、孤立感、無力感、自殺念慮など)が見られます。

そこからですが、カサンドラ(CAD)の人は、アスペルガー(AS)を知り、社会性の発達のギャップが埋まることはないとの現実に向き合い、次に進むことが選択として考えられます。

具体的には、パートナーのアスペルガー(AS)を知り、アスペルガー(AS)が悪いのではなく、その特徴が影響しているのだと受け入れます。アスペルガー(AS)をパートナーにもつことでカサンドラ(CAD)になっていると気づき、

罪悪感から解放されましょう。

それを手助けするには、自分一人で抱え込まず、同じ立場の人と話したり(共感)、専門家に相談することです。

また、自分自身の感情や考え方も見直してみることも考えられます。


にじいろでは、共感の場を提供することができればと思い、2008年から活動しています。日本中に同じような会があります。カサンドラ(CAD)に気づいたら、一度自助グループに足を運んでみてください。




臨床心理士せつこ先生の講演会(17.3開催)のプリントをもとにせつこ先生のご厚意から作りました。ご参考までに。

[PR]
# by aaa-ruicchi | 2017-04-20 08:05 | カサンドラとは?

4月の会、お礼とご報告

4月1日の語り合いにご参加くださった方々、ご関心お寄せくださった方々

無事に会が開催されたこと、ありがとうございました。


ブログ管理人のあ~あは不参加でしたが、スタッフから当日のことをお聞きしました。


和やかなお互いの話していることを尊重しあった良い会だったとお聞きしています。

また、「にじいろに来るようになって少し元気になった」とご感想をいただいたともお聞きしました。
嬉しい限りです。

基本的にパートナーがASDで困っている人の集まりです。この立場でなにか(共感や安心やアルアル感や情報など)得てくださっていたら、嬉しいです。
[PR]
# by aaa-ruicchi | 2017-04-06 10:53 | ご参加へのお礼とご報告
お申し込みありがとうございました。定員に達しましたので、受け付け終了させていただきます。4月4日
次回のお申し込みは6月10日午後5時に募集をアップさせていただくと同時にメールでの受け付けを始めます。

10/10

こんにちは。6月の語り合いのお誘いです。今回は諸事情のため、イレギュラーの第二土曜、10日土曜日に開催いたします。日程のお間違いのないよう、ご注意ください。



06月10日(土)13:30~語り合いのお誘い

☆アスペルガーを配偶者にもち、その配偶者に振り回されて大変な思いをなさっておられる方、振り回されての大変さや周りに話しても理解が得られないその想いを同じ経験をしている人と話しませんか。

アスペルガーをパートナーにもつ方、ご都合がつけば、ご興味があれば、ご参加ください。アスペルガーのこと、カサンドラ症候群のこと、まだまだ理解されていません。

アスペルガーであるパートナーのことで何か困っていませんか? 悩みを語り合いましょう。情報交換しましょう。どのように感じているか、ご自分の気持ちに正直になってみませんか。                                                                                                       ブログ管理人、あ~あ





☆アスペルガーご本人の方(およびアスペルガー側のお立場でのご意見だけをお持ちの方)、この会は、普段アスペルガーを配偶者にもち大変な想いをしている方が対象の場です。ですから、ご本人がアスペルガーの場合、ご参加いただけません。話している内容は決してアスペルガーを否定することを目的としているわけではありません。束の間、アスペルガーである配偶者を客観的にみる時間・重荷を下ろす場として、この会を開催しています。誤解を受ける表現があるかもしれませんが、本意ではありません。その点、ご理解いただいたうえでお申込みいただければありがたいです。



***********************************

・日時:17年06月10日(土)午後1時30分から一時間程度

   (実際は話が盛り上がってもっと長くなります)会場の予約は午後3時30分までです

・場所:大阪市青少年文化創造ステーション(ココプラザ)

会場は当日1階掲示板でご確認ください
大阪市営地下鉄新大阪駅・JR新大阪東口より徒歩5分、http://www.kokoplaza.net/

・参加費:500円(当日受付時にお支払いください)

・内容:語り合い

アスペルガーを配偶者にもつことの情報交換や気持ち(悩み)の吐露や共感カサンドラ症候群であることの大変さ

・対象:パートナーがアスペルガーだと考えている方

(医療機関等での診断は問いません)で、アスペルガーをパートナーにもつことで困っている方=カサンドラ愛情剥奪症候群になっている方(医学用語ではないため、医療機関でこの診断はめったに下りません)
(参加ご希望者ご本人がアスペルガーである場合、会の主旨にあわないため、ご参加いただけません)


・問い合わせ&お申込み:

参加ご希望の方(=’対象’の条件を満たしている方)、メール(aaa-ruicchi@excite.co.jp)でお申し込みください
件名に会の日付+イベント名+参加希望とお書きになり、

本文に
カサンドラであることとアスペルガーでないこと
できましたら、初回かご参加の経験があるか

急な連絡が必要な場合のため連絡先もお書きください(連絡先がない場合、いただいたメールへの返信で、急な連絡はさせていただきます)。注)今までは急な会の取りやめなどはありません

・本名以外のお名前をお使いください:この会では込み入ったプライバシーという内容が内容ですのでその方が話しやすいですし、個人情報保護につながると考えます。

乳児連れをご希望の方はその旨お書きください。幼児~(=片方の親が、もう片方の親の悪口を言っているように受け取る可能性があります)連れご希望の方もご相談ください。(まだ、お子さん連れのケースには完全には対応出来ていませんが、その都度、発起人と相談してお返事いたします。

→託児はすべての問題が完全に解決できていませんが、現在のところ自己責任において、お預かりする方向で動いています。保険をかける手立ては得ています。まず、お問い合わせください。

☆ご参加くださる際は三つのルール(守秘・他者を否定しない・Iメッセージ=配偶者を批判するのではなく’私が’どう感じるのか)をお守りください



********************************************
オフ会のお誘いの場所にご注意くださいね。関西圏(大阪・神戸・京都など)でオフ会の場所を探しています。今回は上にあるように新大阪のココプラザです。なるべくいろんな方に参加していただけるように考えています。簡単なお茶はこちらで準備します。

注)原則、偶数月第一土曜ですが、スタッフの都合で第二・第三・第四土曜になることがあることをご理解いただけましたら、ありがたいです。

受付がメールに変更になっています。すでにこちらから「受け付けました」と、お返事を差し上げた方は、そのまま当日お越しください。

変更の理由はトラブル防止です。ご理解いただけますよう、よろしくお願いいたします。
[PR]
# by aaa-ruicchi | 2017-04-01 17:00 | オフ会お誘い(偶数月第一土曜)
お礼です

昨日のせつこ先生の講演会が無事終了しました。
ご参加くださった皆様、ご関心お寄せくださった皆様、
ありがとうございました。


アンケートやメールでご感想ご意見も頂戴しています。
ニーズや今後に関してもお聞きしておりましたので、参考にさせていただきます。ありがとうございました。
また、この講演会はカサンドラやカサンドラの周辺とのことで募集しました。
ご参加くださった方々が
何か得てくださったら、一人でないと感じてくださったら、と思って開催いたしました。アンケートで多くの方にそれが届いたのだと感じています。

また、機会があればご参加ください。

あ~あ




最後になりましたが、薄謝でご講演お引き受けくださっている
せつこ先生
裏での準備にご尽力くださったスタッフの皆さん、
お話をお願いした参加者さん

お疲れさまでした。また、ありがとうございました。


****************
アンケート、メール、直接せつこ先生にご意見をくださった方がお一人いらっしゃいます。
前提として、にじいろにおけるカサンドラの意味(=書籍等で読んだことからカサンドラを知り、自身の症状等と合致すると自覚)
自助グループとしてのにじいろの目的(=同じ立場同志で共感)、
それらを前提ににじいろの活動があります。お考え(=カサンドラの意味づけが広がりすぎて、本当の意味でのカサンドラが救われない)とこれらの点におきまして、お考えが異なります。
カサンドラであると自覚される方が、やっと話せたことが大切であると考えています。共感し合うことで、自身の立場への客観的な気づき、おっしゃっておられた気持ちの整理にも繋がると考えます。
この件に関して、あ~あはせつこ先生とお話しさせていただきました。’カサンドラ’との名づけがなされたことで自覚できた人が多いのではないかと言う意見も出ました。仮にご本人がカサンドラでない場合、おそらく話が合わないと感じにじいろなどの自助グループから足が遠のくのではないでしょうか。
お考えをお聞かせくださり、ありがとうございました。こちらの考えも整理できました。
この講演会にご参加いただいたことで、当初の目的でもあるご経験の整理ができていれば、こちらも嬉しいです。

[PR]
# by aaa-ruicchi | 2017-03-26 14:10 | ご参加へのお礼とご報告
直前ですので、メールでの受け付けは24日08:47amの時点で締め切ります。
キャンセルのご連絡もいただいており、お席に余裕があります。カサンドラとカサンドラ周辺の方で、アスペルガーでない方は直接お越しください。
(メールで申し込んでくださった方よりは少しご不便をお掛けするかもしれませんが、その点ご了承ください)



臨床心理士、せつこ先生による講演会のお誘い

今回でにじいろ開催、
せつこ先生の講演会は10回目になります。
カサンドラの方、またその周りの方、よろしければご参加ください。
普段の偶数月の語り合いは募集から一週間もたたないうちに満席になり、スタッフ一同心苦しく思っています。定員を多く設定しているこの機会にどうぞご参加ください。
タイミングとして、一般的にアスペルガーの方が苦手とするイレギュラー(進学、進級、就職、人事異動など年度がわり)のことが多くある時期です。少しでも上手く乗りきるためにも、同じ立場の方と共感するためにも、ご参加ください。(即効性はありませんが、普段のわかってもらえない感は共有できます)

今のところ考えている内容は
カサンドラ(アスペルガー含む)についての講演と、参加者さん同士の共感です。

☆日時:
3月25日(土)10:00-12:00

☆場所:
キャンパスプラザ京都
京都駅前です、過去に二回ここで開催しました
http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto/access

☆対象:
カサンドラの方、カサンドラの周りの方、
アスペルガーの方はお断りしています(目的はカサンドラの方の共感のため)

☆参加費:1000円(当日受付でお支払ください)

☆申し込み方法:メールでお申し込みください
件名は3/25せつこ先生講演会申し込み
以下の三点
1.講演会で呼ばれたいお名前と連絡先(急を要する連絡のため、記載がなければいただいたメルアドをその場合に使います)
2.カサンドラもしくはカサンドラの周りであることと
アスペルガーでないこと
3.初めてのご参加か、何度目かのご参加か
をお書きになり
メールアドレス:aaa-ruicchi@excite.co.jp
にお送りください





[PR]
# by aaa-ruicchi | 2017-02-07 16:38 | こんな会あります①にじいろ主催講演会