☆偶数月第一土曜に語り合いの会をもっています☆


by あ~あ

<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

以前にもご紹介したことがあるかと思うのですが、この立場の人が集う掲示板をご紹介します。同じ立場の方からのアドバイスや共感が掲示板で得られるのはほんの少し勇気が出ます。

このにじいろのブログは御返事をするのが私、あ~あだけに限られるため、こちらもご活用ください。

もうすでに、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、ふと思い立ったので、投稿しました。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

♪配偶者の会♪井戸端掲示板
http://www4.rocketbbs.com/241/hime.html

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
[PR]
by aaa-ruicchi | 2013-06-24 19:19 | こんな会あります②他の団体ご紹介
遅くなりましたが、

ありがとうございました。


異文化間教育学会発表に際して、私が発表することに覚えてくださっていた方々、
このブログで興味関心を持ってくださり、お読みいただいた方々、メールで発表前提でエピソードを提供してくださった方々、ありがとうございます。
また、発表の配布資料作成に際し、資料を使うことを快諾してくださった、きんぎょさん、ツナさん、ありがとうございました。なかなか、この立場の説明が難しいところですが、これにより、助けられました。

最後に学会の会場で、聞いてくださった先生方、ご質問やアドバイスをしてくださった先生方、ありがとうございました。もう舞い上がっていたので、明らかにおかしく、学術的でない返答をしてしまい、失礼いたしました。
[PR]
by aaa-ruicchi | 2013-06-16 10:38 | ご参加へのお礼とご報告
1)
アスペルガーを配偶者にもつ人のおかれている状況
~定型と非定型という異文化からみえてくるもの~


2)
異文化間教育の中で
★文化多元主義:
女性や障がい者も‘多文化’に含まれる
★(アメリカ)多文化教育の実践
リハビリテーション法(1973)
全障がい者教育法(1975)

アメリカでは、黒人による公民権運動の流れで、他の少数派である民族運動につながった。その流れは女性や障がい者の権利獲得にまでつながる。それは、それまでのアメリカのメインストリーム(=WASP中心社会)への同化政策からの脱却である。
実践としては障がい者に対する雇用機会や環境整備、公教育による各人の特性に合わせた教育の保障に関する法律も成立。


3)
★カサンドラ愛情剥奪症候群の症状が出ている人の視点


4)
アスペルガー(非定型)
⇒自閉症スペクトラムの中、アスペルガーは長年、その特徴を生かした教育の対象から見落とされてきた
≒現在、早期では乳児健診で発見されることも
=より適切な教育(療育など)を受ける機会が得られる
⇒(年齢的に)結婚しているアスペルガーは・・・
見落とされているケースが多く、大人のアスペルガーへの対応も行政によりばらつきがある。診断を下す医療機関にもばらつきがある。


5)
アスペルガー(以降AS)とは
★三つ組の障がい
①想像力と創造性の障がい
②社会的関係をもつことの障がい
③コミュニケーションの障がい
ASは男性に多い(男女比は8対1)
学歴をつけ、仕事をしていることも多い
しかし、特性にあった適切な教育などを受ける機会がなかったこともあり、ASの特徴からくるものだけでなく、様々なトラブル(ASの特徴を原因とした二次障がいなど)をかかえる

ASにとっては、定型配偶者だけでなく、社会全体が異文化
定型にとっては、自文化の中で異文化のAS配偶者(家庭内が異文化がせめぎ合っている)


6)
男性ASと結婚した定型女性
配偶者のほとんどが女性である事実
=ジェンダー役割が入り込む=良い嫁・良い妻・良い母=夫のお世話して当然、夫の愚痴を言うと世間からバッシングを受ける

恋愛では、個性的!と感じる程度
結婚そのものでも、社会的な関係が表面化すると、定型が理解できない行動がみられる
子どもを持つことで、父親としての役割が果たせない

↑すべてのASがこのような状態ではありません。個人により症状の出方も異なります。
 

7)
男性ASと結婚した定型女性2
=ASを配偶者にもつ女性は嫁・妻・母役割を果たした上、AS夫が本来すべきこともし、その上、AS夫をお世話する必要
AS夫に心無い言葉を浴びせられる、暴力を受けることもある(=三つ組の障がいにあてはまる行為による)
その対象は妻だけではなく子どもにも向かうことも
=DVの被害者になりうる定型の配偶者・子ども
⇒しかし、その実態を話しても、信じてもらえることが少ない:「男ってどこもそうだから」、「優しそうなご主人なのに、そんなことを言うのはわがままよ」
前段階として、「良い嫁は夫の悪口を外で言わない」というジェンダー役割に縛られ、発言すらできないケースも多い 
良い嫁は夫のお世話をして当然とのジェンダー役割に支配された思考から、現状に気づきにくい


8)
カサンドラ愛情剥奪症候群1
「ASの人たちはパートナーから(たいていは意図せずに)感情的な剥奪を行い、その影響はパートナーの心身の健康に及ぶ。特にカップルでは問題の原因(=AS)がわかっていない場合、その被害は大きくなる。」
(Aston,2008)


9)
カサンドラ愛情剥奪症候群2
主な症状
・偏頭痛、体重の増加または減少
・低い自己評価、または自己の損失
・広場恐怖などの恐怖症
・不安
・抑うつ、無気力感
・リビドーの損失


10)
カサンドラとは
ギリシア神話の登場人物。アポローンは、「カサンドラの予言をだれも信じないように」呪いをかけてしまう。
パリスがヘレネーをさらってきたときも、トロイアの木馬をイリオス市民が市内に運びこもうとしたときも、これらが破壊につながることを予言して抗議したが、だれも信じなかった。・・・
⇒「カサンドラの予言をだれも信じないように」・・・

「だれも」とは誰?=自分の身内や各種相談機関


11)
“Having a voice.”
★Aston博士のASを配偶者にもつ女性に対する言葉
⇒自助グループ、にじいろに参加
ここでは本名以外で呼び合い、普段の困り感を語り合っている
気づきと共感があり、普段理解されないことが理解される。
=三つ組の障がいの特徴にたどり着くエピソード
→少なくとも自分は悪くないと確認できる

12)
問題点
★少数派であるASと、より少数派である健康問題であるカサンドラ愛情剥奪症候群
仕事ができているASは医学的に問題なしとみなされることもある
カサンドラ愛情剥奪症候群は配偶者のASとの診断が前提であること、症状そのものがほかの診断名がつくことも多い
ASの家族としてASの配偶者は援助の対象者ではない
=ASの家族は親であると見なされている
=ボーダーである立場、援助はASが低年齢であるほど手厚い
★この中の少数
国際結婚(一般的な社会より多い印象:1割程度)
女性ASの配偶者である男性定型
AS同士のカップル
★密室の中での個人の営みであることから、不可視性と援助が入ることの問題
:DVの問題と重なる
★一見誤解を受ける関係:
ジェンダー役割にうまくはまる場合があるAS夫。
単に良い嫁としてだけでなく、それ以上のフォローを要求される状況である定型妻であるが、カサンドラのような状況にある。


12)-2
問題点
他の異文化の問題と同様に
★より少数のマイノリティが苦境
=理解されない、発言できない、想いが反映されない
★公的な支援=まず、法的に:家族に配偶者や子どもを含むように
★定型・非定型、両者への教育(療育や障がい者理解など)
★ジェンダー役割を盲目的に実行してしまうことによる不利益
★ジェンダー役割が蔓延している社会(男性の育児・女性の就労に困難を伴う社会構造)


13)
提案
★対・AS
⇒早期発見の必要
⇒発見したら適切な教育などの提供の必要
⇒コミュニケーションエラーの原因の一つとして、ASを疑ってみてもいいのでは?例)いじめや登校拒否
★対・カサンドラ愛情剥奪症候群
⇒まずは、専門家にご理解いただきたい
⇒カサンドラ愛情剥奪症候群への何らかの援助が必要
⇒エンパワメントへ
(個人レベル→他者関係レベル→社会関係レベル)


14)
参考図書・URL
★自閉症スペクトラム学会編(2012)
『自閉症スペクトラム辞典』教育出版
★松尾知昭著(2013)
『多文化教育がわかる事典―ありのままに生きられる社会をめざして―』明石書店
★山田礼子(2009)
「多文化共生社会をめざしてー異文化間教育の政策課題ー」、『異文化間教育30号』異文化間教育学会
★にじいろ 
http://aaaruicchi.exblog.jp/
★Aston氏のHP
http://www.maxineaston.co.uk/


15)
ご清聴ありがとうございました




[PR]
by aaa-ruicchi | 2013-06-09 11:16 | こんな会あります③学会発表など
ここのところ、オフ会でのお話がその通りではなかったとの情報をいただいています。
いずれも、非公開のコメントであったり、メールであったりしますので、皆さんの目に触れていません。

よろしければ、もし思うところがあれば、その機関等の名前を出さずに、出席してその場でお聞きになった方にわかるような名前で、コメント欄に公開でお書きいただければと思います。おそらく、出席なさった方の参考にもなるかと思います。感想程度でお願いします。

また、ルールにもありますが、ここで得られた情報は自己責任においてご自身で判断なさってくださいますよう、お願いいたします。
[PR]
by aaa-ruicchi | 2013-06-06 11:58 | オフ会のご参加にあたって
申し訳ございません。
当日は、発起人のるいっちさんが仕事と重なったため、欠席されます。当日はあ~あが代わりにファシリテーターの役をいたします。ご了承ください。
もちろん、会は開催されます。
(7月28日あ~あ記)


申し訳ございません。
本日定員に達しましたので、募集を終了いたします。(6月3日あ~あ記)


8月の次の回、10月(第1土曜)の募集は8月の会が終わってから、受付もそれ以降です。
ご応募お待ちしております。

9月に臨床心理士の先生をお招きしての特別な会を実施します。こちらは土曜日とは決まっていますが、第2~第4のどれかはまだ決まっていません。場所は京都です。こちらもご参加お待ちしております。

********************************************

今回も新大阪です。
場所はJRや地下鉄御堂筋線の新大阪駅から徒歩5分のユースホステルと同じ建物の中にあるココプラザです。
対象者はカサンドラ愛情剥奪症候群に陥っている方々です。

☆アスペルガーを配偶者にもち、その配偶者に振り回されて大変な思いをなさっておられる方、
振り回されての大変さや周りに話しても理解が得られないその想いを同じ経験をしている人と話しませんか。

☆アスペルガーご本人の方(およびアスペルガー側のお立場でのご意見だけをお持ちの方)、
この会は、普段アスペルガーを配偶者にもち大変な想いをしている方が対象の場です。ですから、ご本人がアスペルガーの場合、ご参加いただけません。
話している内容は決してアスペルガーを否定することを目的としているわけではありません。束の間、アスペルガーである配偶者を客観的にみる時間・重荷を下ろす場として、誤解を受ける表現があるかもしれませんが、本意ではありません。

その点、ご理解いただいたうえでご参加いただければありがたいです。



******************************************




こんにちは。

お誘いのための投稿です。このブログからのお誘いも25回目になりました。
アスペルガーをパートナーにもつ方、ご都合がつけば、ご興味があれば、ご参加ください。
アスペルガーのこと、まだまだ理解されていません。アスペルガーのパートナーのことで何か困っていませんか?悩みを語り合いましょう。情報交換しましょう。

                                                                       ブログ管理人
                                                                            あ~あ


****************************************
****************************************
****************************************


*にじいろ*お誘い

・日時:08月03日(土)
    午後1時30分から一時間程度
        (実際はもっと長くなります)
会場の予約は午後3時30分までです

・場所:大阪市青少年文化創造ステーション(ココプラザ)7階
    大阪市営地下鉄新大阪駅・JR新大阪東口より徒歩5分、
    http://www.kokoplaza.net/

・参加費:300円


・内容:語り合い
アスペルガーをパートナーにもつことについての情報交換や気持ち(悩み)の吐露や共感
カサンドラ愛情剥奪症候群であることの大変さ

・対象:パートナーがアスペルガーだと考えている方(医療機関等での診断は問いません)で、
アスペルガーをパートナーにもつことで困っている方=カサンドラ愛情剥奪症候群になっている方(医療機関でこの診断は下りないと思います)
(ご本人がアスペルガーである場合、会の主旨にあわないため、ご参加いただけません)


・問い合わせ・お申込み:参加ご希望の方、まずは、このブログのコメント欄に参加の旨お書きください。同じコメント欄にお返事します。
        
カギ付き(=内緒)コメントの場合、内緒のお返事が必要な場合、内緒コメントで、メルアドなどの連絡先をお書きください。連絡先がない場合、コメントいただいた日にちの後にお名前の最初の文字をつけて、同じコメント欄にお返事しますので、お読みください。

・本名以外のお名前をお使いください:この会では込み入ったプライバシーという内容が内容ですのでその方が話しやすいですし、個人情報保護につながると考えます。


乳児連れをご希望の方はその旨お書きください。幼児~(=片方の親が、もう片方の親の悪口を言っているように受け取る可能性があります)連れご希望の方もご相談ください。

(まだ、お子さん連れのケースには完全には対応出来ていませんが、その都度、発起人と相談してお返事いたします。→託児はすべての問題が完全に解決できていませんが、現在のところ自己責任において、お預かりする方向で動いています。保険をかける手立ては得ています。まず、お問い合わせください。)

*******************************************
*******************************************
*******************************************

*オフ会のお誘いの場所にご注意くださいね。関西圏(大阪・神戸・京都)でオフ会の場所を探しています。今回は上にあるように新大阪のココプラザです。なるべくいろんな方に参加していただけるように考えています。





★★





他)当日参加者さん皆でいただくお菓子の寄付歓迎!
[PR]
by aaa-ruicchi | 2013-06-01 18:13 | オフ会お誘い(偶数月第一土曜)
本日、6月1日にココプラザで会がもたれました。

ご参加くださった皆様、
ご参加くださりありがとうございました。


同じ立場の人と同じ荷を背負っていることの大変さをお話しできるこの機会はとてもありがたいです。心が自由になるのを感じます。

他のご参加されている方のお話もあるあるネタでついつい笑ってしまいました。もうこのしんどさ、笑い飛ばさないと仕方がないですね。

石原真理子ネタも共感できてよかったです。女優石原真理さんはほんとうはどういう人なのか、謎のままです。ただ、こういったたわいもないことを同じ視線で語り合えること、ありがたいです。

もしかして、私の言ったことで傷ついておられる方がいらしたら、ごめんなさい。気持ちとしては、ただ共感したかっただけです。それから、今回お子さんもいらっしゃいましたが、お子さんの前では気をつけていたつもりでしたが、大丈夫でしたでしょうか?なにかありましたら、コメントください。

では、ほんのひと時でも、共感させていただき、荷を分かち合っていただきました。これからの日常生活、ほんの少し元気になって前に進めそうです。


ありがとうございました。

皆さんのこれからの日常もほんの少しは良くなっていることを願っています。


あ~あ


P.S.1
次は8月の会です。これはいつも通りの会で、ココプラザでです。
特別に臨床心理士の先生をお招きして9月に京都で会を開きます。
よろしければ、ご参加ください。

P.S.2
開催時間に誤解を招くような表現がありましたことをお詫びします。ご迷惑をおかけし、すみませんでした。

P.S.3
今日はスマホを忘れて、ご迷惑をおかけし、すみませんでした。最終チェック以降の連絡は入っていなかったので、ホッとしているところです。以後気をつけます。



ちょっと気になるので、ご連絡です。
プさん、
今日のプリントですが、もしよろしければにじいろのメールで一度ご連絡ください(差しさわりがなければ、そこで住所交換をして、私がコピーをお送りすることもできるかと・・・。個人情報に関わることですし、本名が出ることなので、お互い自己責任で慎重にしましょう。もし、よろしければ、メールをお送りください。)。
後で考えると、一緒にコンビニに行って、コピーすればよかったですね。
[PR]
by aaa-ruicchi | 2013-06-01 18:01 | ご参加へのお礼とご報告