☆偶数月第一土曜に語り合いの会をもっています☆


by あ~あ

カテゴリ:ご参加へのお礼とご報告( 53 )

本日、6月1日にココプラザで会がもたれました。

ご参加くださった皆様、
ご参加くださりありがとうございました。


同じ立場の人と同じ荷を背負っていることの大変さをお話しできるこの機会はとてもありがたいです。心が自由になるのを感じます。

他のご参加されている方のお話もあるあるネタでついつい笑ってしまいました。もうこのしんどさ、笑い飛ばさないと仕方がないですね。

石原真理子ネタも共感できてよかったです。女優石原真理さんはほんとうはどういう人なのか、謎のままです。ただ、こういったたわいもないことを同じ視線で語り合えること、ありがたいです。

もしかして、私の言ったことで傷ついておられる方がいらしたら、ごめんなさい。気持ちとしては、ただ共感したかっただけです。それから、今回お子さんもいらっしゃいましたが、お子さんの前では気をつけていたつもりでしたが、大丈夫でしたでしょうか?なにかありましたら、コメントください。

では、ほんのひと時でも、共感させていただき、荷を分かち合っていただきました。これからの日常生活、ほんの少し元気になって前に進めそうです。


ありがとうございました。

皆さんのこれからの日常もほんの少しは良くなっていることを願っています。


あ~あ


P.S.1
次は8月の会です。これはいつも通りの会で、ココプラザでです。
特別に臨床心理士の先生をお招きして9月に京都で会を開きます。
よろしければ、ご参加ください。

P.S.2
開催時間に誤解を招くような表現がありましたことをお詫びします。ご迷惑をおかけし、すみませんでした。

P.S.3
今日はスマホを忘れて、ご迷惑をおかけし、すみませんでした。最終チェック以降の連絡は入っていなかったので、ホッとしているところです。以後気をつけます。



ちょっと気になるので、ご連絡です。
プさん、
今日のプリントですが、もしよろしければにじいろのメールで一度ご連絡ください(差しさわりがなければ、そこで住所交換をして、私がコピーをお送りすることもできるかと・・・。個人情報に関わることですし、本名が出ることなので、お互い自己責任で慎重にしましょう。もし、よろしければ、メールをお送りください。)。
後で考えると、一緒にコンビニに行って、コピーすればよかったですね。
[PR]
by aaa-ruicchi | 2013-06-01 18:01 | ご参加へのお礼とご報告
4月6日の会にご参加くださった皆さま、この会を気にかけてくださっている皆さま、ありがとうございました。


お礼が遅くなり、失礼しています。
先頭に6月の募集をくるようにしたかったので、今になりました。


4月の会も、いつものように、充実し、満たされました。
特に、今回は希望と勇気をいただいたような気がします。

希望は、この会から一つ前進なさる方のうれしいお話が聞けたことそのものです。
勇気は、アスペルガーである配偶者に間違っていることは間違っていると主張できること、不快なものは不快だと声にすることです。付け加えると、そのとんちんかん夫婦関係を社会に発信することでしょうか。


泥沼の訳のわからん生活、それを社会に言っても信じてもらえない絶望、それらからの希望!です。励みになります。

当然のことができないのがアスペルガーを配偶者に持っている私たちの立場です。つまり、言っても、(アスペルガーである配偶者や事情がみえず理解できない社会の人々から)理解されないから。でも、言い続ける勇気が必要なんだと改めて感じました。

社会で理解されないため、アスペルガーである配偶者に理解されない(それどころかお守りや尻ぬぐい、サンドバック役も)ため、一人で背負い込まざるを得ません。
一人でこの荷物を背負っていくのはつらすぎます。共感できるこの場は私にとってとても慰められる場です。

ご参加いただいて、ありがとうございました。
気にかけてくださって、ありがとうございました。
参加させていただけて、良かったです。


当日は爆弾低気圧の接近で、警報が出ていたりとお天気が悪く、交通機関の乱れもありました。
お足元の悪い中、ありがとうございました。


あ~あ記
4月11日
[PR]
by aaa-ruicchi | 2013-04-11 20:57 | ご参加へのお礼とご報告
(04月06日の会の場所はココプラザです。)
(02月02日のお誘いと重複しますが・・・)

☆今日ご参加いただいた方々へ

今日は、ご参加いただき、ありがとうございました。

皆さん全員のおっしゃってることすべてに共感でき、満たされた気持ちです。

夫のことをこの会以外で話しても、なかなか理解が得られません。それどころか悪い嫁・妻として、叱られ続けてきました。

それから、私の言葉足らずで、誤解を生み、ご気分を害されたのではないかと気になっているので、お書きします。
夫と私、二人が横並びで異文化と接しているときは楽だったと言いました。
これは、夫と私が二人で私や夫の文化にいるときが滅茶苦茶大変であることとの比較です。自分たちの文化の中にいるときは二人がお互い向き合う必要があるからです。異文化では二人がお互いに横並びで異文化をみているからです。要するに、私にとって、自分たちの文化(=日本であったり、私や夫の実家)では滅茶苦茶しんどいことが一つ。夫と向き合うことが滅茶苦茶しんどいこともその理由です。ですから、異文化でアスペルガーである配偶者と向き合うことのしんどさに関して言及できなかったことが心残りで、この点でご気分を害したのではないかと、気になっています。ご気分を害されていらっしゃったら、申し訳ありませんでした。

皆さんがご参加くださることで、この会が成り立っています。本当に、感謝しています。

これで、また先に進んでいけそうです。少なくとも、自分自身を責めることなく、うつ状態にならずに済みます。

どうぞ、ただでさえ大変な状態に置かれています。お体にはくれぐれもお気をつけください。健康あってのことです。


☆会のあと、一緒にお茶をしてくださった方々へ、

タイミングがわからず、あの時間になってしまい、すみませんでした。もう少し、気を配ればよかったですね。その後、大丈夫でしたか?




皆さん、それぞれが大きな枠組みの中で不本意なことがないよう、祈っています。
(小さな枠組みの中ではアスペ夫に不本意を感じさせられ続けていますもんね。)


02月03日
あ~あ
[PR]
by aaa-ruicchi | 2013-02-03 03:45 | ご参加へのお礼とご報告

お詫び

今日、オフ会にご参加いただいた方々

ご参加ありがとうございました。
ブログ管理人である私、あ~あの急病で、お休みしてしまい、申し訳ございませんでした。
私からの連絡ミスとかありませんでしたでしょうか?無かったら、良いのですが・・・

早朝から嘔吐と下痢で目が覚め、昼前までに休日救急外来にかかり、一日寝ておりました。

近いうちに、2月の会の募集をアップします。次は6名が定員です。12月のお誘いのところにも書きましたが、場所は、新大阪のココプラザです。ほかはいつもと同じです。

るいっちさん、今日は当日になっての電話で、すみませんでした。ご迷惑をおかけし、申し訳ございません。るいっちさんも体調が万全でなかったではなかったでしょうか?どうぞお大事に。

よろしくお願いいたします。


取り急ぎ


 ブログ管理人
  あ~あ
[PR]
by aaa-ruicchi | 2012-12-01 22:50 | ご参加へのお礼とご報告
ご参加いただいた皆様


10月06日の会にご参加いただき、ありがとうございました。

今回は初めての場所で開催されました。こちらの不手際で定刻に開始できず、失礼いたしました。今後、京都で行う場合、気を付けます。

参加者さんにねぎらいのお言葉をいただきました。ありがとうございます。でも、私は私のためにしているという感覚があります。それが皆さんのためにもなっているのでしたら、こんなうれしいことはありません。とにかく、通じる方・理解してくださる方に日ごろの大変さをお話しできることはありがたいです。

共感させていただき、共感していただいたことで、また明日からの力が湧き出してきます。

ご参加いただいたみなさん、言いたいことが言えましたか?ご満足いただけましたか?

次回は神戸で行います。また、詳細をアップしますので、ご覧くださいね。よろしければご参加ください。過去に何度か開催しているところです。


るいっちさん、今日は振り回してすみませんでした。それとこの会の運営いつもありがとうございます。この会、本当にありがたいです。



取り急ぎ、お礼まで。

あ~あ
[PR]
by aaa-ruicchi | 2012-10-06 21:35 | ご参加へのお礼とご報告
ご参加いただいた皆様


8月4日の会にご参加いただき、ありがとうございました。

毎回思うのですが、私が日々感じているASD夫の大変さをこんなに的確に表現される方がたくさんいらっしゃる場に身を置けることは有難いことです。

これで、次の会までのエネルギーチャージができたような、そんな気持ちです。

ご参加いただいたみなさん、言いたいことが言えましたか?ご満足いただけましたか?

次回は京都YWCAで行います。また、詳細は来週にアップしますので、ご覧くださいね。よろしければご参加ください。御所の近くです。


るいっちさん、いつもいつもありがとうございます。この会、本当にありがたいです。
今帰宅したばかりで余裕がないので、日をあらためてメールしますね。


取り急ぎ、お礼まで。

あ~あ
[PR]
by aaa-ruicchi | 2012-08-05 00:11 | ご参加へのお礼とご報告

お礼(2012月6月2日の会)

本日、6月2日にじいろの語り合いが持たれました。

ご参加くださった方々へ、


本日はご参加くださり、ありがとうございました。

話したいこと、話すことができましたでしょうか?その後のお茶のお話、充実されていたことと思います。

私自身は、二次被害なく、普段話してもわかってもらえないことを共感できるこの場はありがたいです。お聞かせいただけたこと、聞いていただけたこと、それが通じること、この会で味合わせていただいております。
二次被害、起こるはずでないところで起こることはほんとうに腹立たしいことです。私も専門家や研究者の方の何気ない一言に傷ついたことがあります。社会に広くは無理でも、せめて、これらの方面の方にはわかっていただきたいです。
共感と共有ができる数少ない機会だったので、皆同じと認識しすぎていたこと、今回気がつきました。ASDが皆症状が異なるようにその配偶者はもちろん全く異なりますよね。こんな簡単なこと、今まで気がついていませんでした。カテゴライズばかりして納得していてのですが、一歩進んだように思われます。気づかせていただいたこと、感謝しています。


毎回のことながら、参加者の皆様、発起人のるいっちさんに感謝です。


あ~あ記
[PR]
by aaa-ruicchi | 2012-06-02 21:17 | ご参加へのお礼とご報告

お礼(2012年4月7日の会)

本日、4月7日にじいろの語り合いが持たれました。

ご参加くださった方々へ、


本日はご参加くださり、ありがとうございました。

話したいこと、話すことができましたでしょうか?少しでも日頃のまどろっこさがここで共感できたのでしたら、うれしいです。

私自身は、普段話してもわかってもらえないことを共感できるこの場はありがたいです。
二次被害なく、話せること。わかってもらえるって、こんなにうれしいことなんだとかみしめながらの毎回の参加です。お聞かせいただけたこと、聞いていただけたこと、それが通じること、この会で味合わせていただいております。

毎回のことながら、参加者の皆様、発起人のるいっちさんに感謝です。


あ~あ記
[PR]
by aaa-ruicchi | 2012-04-07 23:49 | ご参加へのお礼とご報告

12月3日にじいろの会

ご報告です。

12月3日(土)、13時30分から新大阪のココプラザでにじいろの会が持たれました。


★今回の参加者の方々も幅広い年齢層でパートナーとの関係も多岐にわたっていました。今回は女性ばかりの会でした。男性のご参加もお待ちしています。
今回は以前からお伝えしていた通り1人当たりの時間を決め、前半は自己紹介、後半は「井戸端」会議という雰囲気で皆が思い思いに話しました。年齢層が広かったこと、迷っておられることがおありの方、決心された方など様々な背景の参加者の方々でしたので、自分の将来を念頭に置いた質問や、過去の自分自身へのメッセージのような発言にもなり、私自身、得るものが多かったです。


注)あくまでも、この場で語られたことで、すべてのアスペルガーを配偶者にもつ人が同じとは言っていません。また、アスペルガーご本人がお読みになった場合、不快感をもたれると思われます。しかし、私たちの立場の者にとってはこの記述は必要です。お読みになる場合、その点をお含みおきの上、お読みください。


★前回から出ている言葉、「モラ」。モラルハラスメントの略で、DVに含まれます。言葉による虐待で、おそらく発言しているアスペ夫は意識することなく発している言葉です。もちろんアスペの特徴である、相手の気持ちを想像できないところも影響し、簡単に発しています。アスペ夫に悪気はありません(・・・本当に悪気はないのか?このあたりも、ちらりと話に出ました)。また、DV被害者に対するカウンセリングやそれらの勉強も私たちの立場に有益であるというお話もありました。

★今回、アスペ夫との「離婚」に関するお話もありました。このあたり、ジェンダーともかかわりが深く、普通の離婚に加えて、アスペルガーという特徴からくる質的な異なりも語られました。加えて、アスペ夫との間に子どもをもつことに関することも語られました。


★語られたアスペ夫の特徴

性格
・まじめ
・幼稚
・単純
・常識にとらわれない(想像を絶する発想をする)

行動様式(妻に対することと重なります)
・空気よめず
・繰り返しが多い
・感情のコントロールができない
・悪意がない(?)
・感情なし
・感情がわからない
・相手に感情があることがわからない
・自分のプライドが大切
・学習能力なし
・相手を思いやる気持ちが皆無
・人前で妻を馬鹿にする
・言葉尻を捉えてしつこくくどく食い下がる
・込み入った会話が成立しない

対妻
・家の中の大変な時に邪魔する
・すぐにバレる嘘をつく
・癇癪をおこす
・DVをおこなう
・怒り狂っていても、スッとおさまり後を引かない
・何年も前の恨みをぶつけだす
・アスペ夫の親も同じような特徴があり、夫と一緒になって、攻撃してくる
・普段はおとなしい
・上から目線で丸投げ
・わかっていないくせにエラそう
・責めると固まる
・感謝の言葉も上っ面
・妻がしたことの手柄は自分

対社会
・管理職になってしまう
・外面がいい
・良いとこ取り



★語られた私たち配偶者の状態

性格または行動様式
・良妻賢母を演じようとする
・本来、仕事ができる
・本来、人と関係が築ける
・まじめ
・責任感が強い
・謙虚

社会的に
・アスペ夫との話をすると、周りから私(=私たち配偶者の立場の人間)が「変」と言われる
=アスペ夫の変さが理解してもらえない、私がわがままと認識される、すべて説明するのは不可能
・他に私と同じような人がいると知り救われた
・周りにもアスペがいることに気づく
・他との関係性をアスペ夫に切られる

家庭内で
・なにもかも一人で丸抱え
・アスペ夫に感情が通じない
・本来妻として母として社会人としてすべきことを一人でし、そのうえアスペ夫がすべきことも一人でし、そのまた上にアスペ夫のお守りをする必要があり、それを実行している

精神的に
・こちらだけが負担
・捨てられた感(梯子をかけられて無理矢理登らされて、放り出される・批難される)
・アスペ夫のこちらの苦労を無視した言葉に腹が立つ
・アスペ夫の無神経でみたまんま発言に腹が立つ
・子どもへの影響がつらい(アスペ夫が子どもに頼る・八つ当たりする・母親(=私)の悪口を言う・慰めてもらおうとする・・・など)
・孤立感

肉体的に
・疲れる
・体調を崩す


★語られた私たち配偶者のすべきこと

行動の転換(対アスペ夫)
・アスペ夫と距離をあける
・夫の役割を外部に分散
・愚痴を言う相手を分散
・アスペ夫への要求は具体的に
・アスペ夫への説明は目で見えるように
・アスペ夫がすべきことは定着するまで毎回言い続ける

発想の転換(対アスペ夫)
・アスペ夫に期待しない=あきらめる
・ATMと思う

⇒自分自身へ
・自分の時間を持つ
・自分の財産またはお金を持つ
・一人じゃないと認識する
・自分自身は悪くないと事実に目を向ける
・自分を責めない
・健康に気をつける
=「自分を大切にする」:自分の人生を楽しむ



★感謝
毎回、参加してくださる方々に感謝しています。皆さんとの出会いで、ひとりじゃないと、前向きになれそうです。この想いはかなり力になります。
今回も背景がさまざまでしたが、この共感ができる貴重な機会は私にとって、楽しく癒される時間です。アスペの悩みは共通しますね。質的に普通の悩みと質的にまったく違うので、なかなか普段の生活で理解が得にくいので、この会の語りはありがたいです。一見、どこにでもある悩みに聞こえますが、質的にはまったく違うと、今日も認識させていただきました。
参加してくださった皆さん、お話ししたいこと、できましたでしょうか?
すぐに何かの解決につながらないとは思いますが、少しでもご自身を取り戻す時間をもてたのであるのなら、嬉しいです。
発起人のるいっちさん、こまごまとしたご配慮にいつも感謝しています。
参加してくださった皆さんも参加してくださったことで、何らかの好転があることを願っています。


★紹介された書籍
・小池龍之介著『考えない練習』小学館
・石田元編『アスペルガー症候群 歴史と現場から究める』至文堂


★お願い
☆参加者の皆様、ここに書いた内容で訂正が必要でしたら、コメントください。
☆この文章に矛盾や不明な点がありましたら、コメントください。
☆参加者の皆様、削除が必要な文章がありましたら、コメントください。
よろしくお願いします。



お菓子を持ってきていただき、ありがとうございました。美味しくいただきました。


12月4日・6日編集
[PR]
by aaa-ruicchi | 2011-12-03 21:25 | ご参加へのお礼とご報告
遅くなり、申し訳ありません。

ご報告です。

10月1日(土)、13時30分から新大阪のココプラザでにじいろの会が持たれました。


★今回の参加者の方々は様々な年齢層でパートナーとの関係も多岐にわたっていました。結局(前にもお伝えしていた)1人当たりの時間も制限せず、「井戸端」会議という雰囲気で皆が思い思いに話しました。年齢層が広かったので、自分の将来を念頭に置いた質問や、過去の自分自身へのメッセージのような発言にもなり、私自身は得るものが多かったです。

★るいっちさんから、この会の刷新されたチラシが配布されました。また、ブログ管理人あ~あが日本自閉症スペクトラム学会の自主シンポジウムで話題を提供してきたハンドアウトもお配りしました。

カサンドラ愛情剥奪症候群という言葉はこの会では必要な言葉だと、再認識されました。


注)あくまでも、この場で語られたことで、すべてのアスペルガーを配偶者にもつ人が同じとは言っていません。また、アスペルガーご本人がお読みになった場合、不快感をもたれると思われます。しかし、私たちの立場の者にとってはこの記述は必要です。お読みになる場合、その点をお含みおきの上、お読みください。



★今回初めて出た言葉は「モラ」です。モラルハラスメントの略で、DVに含まれます。言葉による虐待で、おそらく発言しているアスペ夫は意識することなく発している言葉です。もちろんアスペの特徴である、相手の気持ちを想像できないところも影響し、簡単に発しています。アスペ夫に悪気はありません。

★アスペ夫との喧嘩
まったく話がかみ合わず、
大切な話ですら、通じず
理解できずパニックを起こす
こちらからの説明段階の本題と関係ないところに引っかかったり、突っかかってきたり
もちろんこちらが指摘したことが改善されることはない
⇒けんかの後、アスペ夫は何事もなかったような様子で疲弊しているとかはないが、こちら(=私たちが側)は疲弊している

★アスペ夫との日々
おどおど、びくびく、どきどき
二人の環境での生活の場合、感情のやり取りが成立しないため、孤独感をこちらが持つ 
機能不全の家庭

★こちらの健康
精神的なものが原因でなりがちなリュウマチ
アスペ夫とのやり取りで感情的なアップダウンからくる高血圧
アスペ夫に吸い取られていく
体重の極端な増加
体調が悪くなった
⇒気力体力が落ちているときにも、おかまいなしによけいに精神的にのしかかってくる
⇒⇒カサンドラ愛情剥奪症候群の症状に重なります

★アスペの特徴
一人になりたい人、人の気持ちがわからない、共感できない、押しが強い、子どもに興味がない、木を見て森を見ず、相談にならない、一方的な発言、感情面のサポートできない
対配偶者:暴言・暴力、こちらが大変な時に、いつにもまして依存してくる
対子ども:暴言・暴力
癖のある性格とこちらが誤解、個性的だとこちらが誤解⇒正解はアスペという障害の特徴
社会的には認められている(ステータスがある・頭がいい)のを振りかざし上に立つ態度
⇒でも人間的にはこちらが上

★世間の目
二次被害を起こす発言:
・「信じてあげようよ」:言ったことを覚えていない、発言内容に責任も持てない思いつき発言
・「伝わるよ」:理解できないので伝わりません
・「子供っぽいね」:知識と年齢がある子供です
・「どこも一緒よ」:質がまったく違います
助けてくれる人がいない、
⇒恥も外聞もなくしたときに開ける カウンセリングを受ける

★私たちの特徴?
(子どものころから)ずっとお世話をする側、AC、良妻賢母、自分を責める(相手を疑わない)、相手の気持ちによりそいがち
⇒まるでアスペ夫の保護者になる特徴をそなえている?? 

★アスペは昔からあったはず
昔は地域なりのコミュニティが機能していたが、
今は核家族で夫婦が向き合う必要があり、妻が一人で子育ての負担を抱える ふつうの核家族は実質的な手助けはなくても把握している夫がいる 大変な時に寄り添ってくれる アスペ夫は子育ての大変な時に負担になることをしてくれる

★演技(対子ども)
お父さんが心配/配慮してくれているという演技
「お父さん心配してたよ」、「お父さん気にしてたよ」、「お父さん・・・(私たち側の創作)ってアドバイスしているよ」:ウソ
「お父さんのおかげでご飯が食べられるね」:ホント
まるでアスペ夫が普通の父親がいるかのごとく、子どもに対してふるまい続ける
実際のアスペ夫は経済的なこと以外、邪魔しているだけ

★今回の結論
「アスペ夫からくるストレスは自分で思っているより体にダメージを与える」
私は特別じゃないと認識しなおす 私はわがままじゃない
私はふつう=この会で実感できます
安心する、自分を高める、楽しむ、自分のことをする、心身ともに自立する
「自分を大切にする」

★感謝
今回も、参加してくださる方々に感謝しています。皆さんとの出会いで、ひとりじゃないと、前向きになれそうです。今回は特に背景がさまざまでしたが、この共感ができる貴重な機会は私にとって、楽しく癒される時間です。アスペの悩みは共通するものですね。
今回は遠方からお越しいただいた方、少し背景が異なっていた方のご参加もありました。お話ししたいこと、できましたでしょうか?それが心配です。過去の私に向かって忠告するような発言をしてしまい、すみません。決して無理強いしているわけではありません。ご自身で納得のいく結論を出していただければと思っています。すみません、少し前の自分のような分身のような気がしてしまい、言いすぎてしまいました。
発起人のるいっちさん、こまごまとしたご配慮にいつも感謝しています。
参加してくださった皆さんも参加してくださったことで、何らかの好転があることを願っています。



★お願い
☆参加者の皆様、ここに書いた内容で訂正が必要でしたら、コメントください。
☆この文章に矛盾や不明な点がありましたら、コメントください。
☆参加者の皆様、削除が必要な文章がありましたら、コメントください。
よろしくお願いします。
[PR]
by aaa-ruicchi | 2011-10-02 07:25 | ご参加へのお礼とご報告