☆偶数月第一土曜に語り合いの会をもっています☆


by あ~あ

カテゴリ:こんな会あります④書籍など( 22 )

情報をいただきましたので、皆さんとシェアさせていただきます。
サイン会はにじいろの語り合いと重なります。
語り合いの申し込みが早く締め切ったため、お申し込みできなかった方々、ツナさんのサイン会(会場は難波)にいらしてはいかがでしょうか。

サイン会の詳細はこちらへ↓
http://ameblo.jp/nonamituna/

以下コピペです。



野波ツナさん最新刊発売中です!

「旦那(アキラ)さんはアスペルガーみつけよう笑顔のヒント」






「大人の発達障害」について、

一番近くにいる妻だからこそ描けた大人気コミックエッセイ第7弾。

今回のテーマは

「カサンドラ妻が、アスペルガーの夫と生きていく方法」です。

野波ツナさんより

「妻だけが一方的に頑張ることになるのではなく、

 夫のアスペルガーと上手につきあっていける方法があるなら知りたい。

 そんな気持ちからワークショップを開催し、

 カサンドラ仲間の皆さんと考えてみました。

 どうぞよろしくお願いします」

【主な内容】

1章 変わらない旦那(アキラ)さん

2章 入り口に立とう〜ワークショップ前編

3章 変えられること〜ワークショップ後編

Dr.宮尾益知のもっと知りたいアスペルガー症候群

●カサンドラ状態にはまる前にツナ度チェック

●ワークショップを終えて〜滝口のぞみ&野波ツナ

●わかってほしいカサンドラ仲間たちの声

★ためし読みができます!

コスミック出版特設ページ

http://www.cosmicpub.com/user_data/160509.php

★全国書店、Amazonなどネット書店でお求めいただけます

旦那(アキラ)さんはアスペルガー みつけよう笑顔のヒント

著者/野波ツナ 監修/宮尾益知 解説/滝口のぞみ

発行/コスミック出版

本体価格1,000円+税



なおツナ先生ブログでも紹介しておりますが、

6月4日に大阪市内でのサイン会を予定しております。


[PR]
by aaa-ruicchi | 2016-05-23 08:38 | こんな会あります④書籍など

アスペルガーって?

アスペルガーの特徴についてまとめてあります

よろしければご参考に

ずいぶん以前に教えていただいた情報なので、

ちょっと古くなっていますが、とっかかかりの情報としては充分です。

(現在では、医学・心理学共に「自閉症スペクトラム」という言葉が使われていますが、にじいろではこのまま「アスペルガー」を使い続けることにしています)


http://asperger.thanks08.com/




ついでに、
www.autism.jp



など、ネットで一般的な知識を得ることができます。




ついでのついでに、アスペルガーかどうかのチェックはこちら

パートナーに成り代わって、あるいはご自身のこととして、簡単なチェックです。

http://asperger.nerim.info/diagnose/test.html


[PR]
by aaa-ruicchi | 2016-04-15 14:54 | こんな会あります④書籍など
とある方より、アスペルガーに関わる新刊のご紹介をいただきました。
配偶者の立場ではなく、女の子(ASD)の親の立場への本です。

以下、いただきましたメールの抜粋(見やすいバージョンを月末にお送りいただいたので差し替えます)、
既刊本のご紹介もコピペで載せます。

********************************
既刊
10歳位(思春期)以降大人までの少女に特化した書籍は、
シャナ・ニコルズ著
『自閉症スペクトラムの少女が大人になるまで』東京書籍刊

自閉症(とくにアスペルガー)の女性(少女から大人まで)自身が読む 本
ルディ・シモン著『アスパーガール』スペクトラム出版社刊
----------------------------------------------------------------
書名: ガイド 自閉スペクトラムの少女の子育て
著者: アイリーン・ライリー=ホール
訳者: 牧野 恵
出版社:スペクトラム出版社
仕様: A5判 並製 本文304頁
定価: 1800円(本体)
ISBN 978-4-902082-15-9 C0037
発売: 3月2日

アイリーン・ライリー=ホール Eileen Riley-Hall
アメリカ合衆国ニューヨーク州在住。2人の娘(一人はアスペ
ルガー症候群、もう一人は自閉症)の母であり、高等学校
(インクルーシブ校)の英語(国語)教師でもある。プリ
スクールから高等学校でさまざまな特別なニーズのある
子どもたちへの支援を25年以上続けてきている

牧野 恵  まきの めぐみ
北海道生まれ。翻訳家
主な訳書:絵本『みんなとはちがった人たち:自閉症の英雄
のこと』『バジと不思議なコミュニケーションセット』
『アスペルガーのパートナーのいる女性が知っておくべき
22の心得』『アスパーガール: アスペルガーの女性に力を』
『アスペルガーの女性がパートナーに知ってほしい22の心得』
いずれもスペクトラム出版社刊

推薦文

自閉スペクトラム症の少女の子育てのエッセンス─友だち作り、
きょうだい関係、日常の子育ての工夫など─を、具体的に示す
とても素晴らしい本です。女の子の子育てにはとりわけ工夫が
必要です!
                      辻井正次 
中京大学現代社会学部教授・ NPO法人アスペ・エルデの会
理事長

自閉スペクトラムの娘さんがいるなら、本書は知識とインスピ
レーションの第一の源になるはずです。さらに、あなたを本当に
理解し、支えてくれる心の友のような一冊になるでしょう。
                トニー・アトウッド 
    臨床心理学者、マインド アンド ハーツ クリニック院長
         「完全ガイド アスペルガー症候群」の著者

自閉スペクトラムの少女たちはマイノリティの中のマイノリティ
と言われています。その複雑さに向き合った本書は、彼女たちに
対する理解と支援について、そして共に生きるためのすばらしい
ヒントを教えてくれます。隠れざる存在であった彼女たちにかか
わるすべての人にぜひ読んでほしい本です。
                  ジュディス・グールド
臨床心理学者、NAS(英国自閉症協会)ローナ・ウィング自閉症
センター所長

アイリーン・ライリー=ホールは、親の先輩として「あなたは
診断のショックを必ず乗り越えられる」と語り、自分自身と家族
のためにバランスのとれた生活を維持しながら、どのように娘を
擁護していくかを示してくれます。自閉スペクトラムの娘を2人
育てている親の視点で書かれたこの本は、読者を元気づけるだけ
ではなく、実用性にも満ちています。経験した者ならではの洞察、
思いやり、知恵が随所に織り込まれています。診断を知ったばかり
の親御さんも本書を読めば、きっと子どものために良い選択が
できるようになるでしょう。
                ジェイムズ・コープラン
医学博士、”Making Sense of Autistic Spectrum Disorders”の著者

自閉スペクトラムの少女は家族にさまざまな宝をもたらすこと
ができます。素晴らしい予期せぬ宝です。本書はその宝を謳歌
する本です。章ごとに、学校生活、友だち関係、メルトダウン、
才能、家族関係、セラピー、介入に関する励ましとガイダンスが
掲載されています。前向きな明るい文章で綴られた実際的なアド
バイスや提案は必ずや親御さんを始め祖父母その他の家族の支え
となるはずです。また本書は、教育関係者や支援を担う多くの人
たちにとっても自閉スペクトラムの少女とその親御さんの生活を
え理解する助けとなるでしょう。

目次
本書に寄せて シャナ・ニコルズ
謝辞・序文・はじめに
第1章 自閉スペクトラム症の定義と娘たちとの出会い
第2章 診断
第3章 自閉スペクトラムの少女たち
第4章 教育
第5章 友だち
第6章 きょうだい
第7章 原因と療法、そして受容
第8章 インターネット
第9章 発達指標
第10章 自閉スペクトラムの真実と嘘
第11章 落ち込むとき
第12章 スペシャル ギフト
第13章 アウトテイク、ミステイク、クはクレージーのク
第14章 親の人間関係
第15章 自分を大切に
最終章 未来
参考文献
さくいん

キーワード
自閉スペクトラム 自閉症 自閉症スペクトラム 広汎性発達障害
アスペルガー アスペルガー症候群 アスペルガー障害
AS ASD PDD うつ きょうだい マイノリティ 発達指標 教育
コミュニケーション アスパーガール インクルーシブ 
特別なニーズ 特別支援 特別支援教育 少女

[PR]
by aaa-ruicchi | 2016-02-26 16:18 | こんな会あります④書籍など

2月6日読売新聞

2月6日の読売新聞(たぶん大阪版)ににじいろの名前が載ります

ということは、
カサンドラに関しての記事があるということだと勝手に解釈しています。

読売新聞大阪記者さんからいただいたメールでにじいろとサラナさん(名古屋)が載ることはお聞きしています。
少しでもカサンドラの認識が広まったらいいですね。

[PR]
by aaa-ruicchi | 2016-02-05 10:28 | こんな会あります④書籍など
とある信頼できる方より
以下のメール(のうち一部)をいただきました
アストンさんの翻訳本のようです

巻末の「役立つ情報サイト」ににじいろが載っています
*******************************
刊行予告:

新刊書籍『アスペルガーのパートナーと暮らすあなたへ』の刊行日が決定しまし
た。
奥付で2月12日です。A5版 並製 本文144頁 定価:1300円(税別)
出版社:スペクトラム出版社

ASのパートナーが男性の場合でも、女性の場合でも、どちらにも役立つ作りです。
また、この書籍からは、アメリカの診断基準が新しくDSM-5になって、その日本

版で使われるようになった「自閉スペクトラム症」という用語を本の中で使うよ
うに
しました。アストンさんのこれまで刊行された書籍と同様、必ず役立つ情報が
含まれていますので、ご活用いただければ幸いです。


[PR]
by aaa-ruicchi | 2016-02-02 17:00 | こんな会あります④書籍など
ASDの親御さんをもつ方、たいとさんのブログです
その中の一つの投稿です
元気な心理状態のときに読んでくださいね

離れなくてはいけないタイプのアスペルガー
http://ameblo.jp/ftmtight/entry-11596560218.html
[PR]
by aaa-ruicchi | 2015-10-08 20:25 | こんな会あります④書籍など
カトリン・ベントリー著
室﨑 育美訳
『一緒にいてもひとりーアスペルガーの結婚がうまくいくためにー』
の4刷が東京書籍より発行されました

今刷も、内外の自助グループなどが載ったページに
にじいろ(212pご参考)も載せていただいています







このブログをご覧の方はもうすでにこの本は
ご存じかと思いますが、2015年7月21日に新しく4刷が発行されました
[PR]
by aaa-ruicchi | 2015-08-21 01:36 | こんな会あります④書籍など
2015年5月25日のあさイチで

メインテーマで
「どう向き合う?夫の発達障害」

私たちの立場が取り上げられます。
あのアキラさんシリーズのツナさんもインタビューにこたえられたとか。

番組のHPもご覧ください
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2015/05/25/01.html





ちなみに、ツナさん、名古屋のサラナさんで講演をなさるそうです。
詳しくは、名古屋のサラナさんのブログをご覧ください。

NHKオンデマンドで見ました。カサンドラ症候群という言葉が取り上げられているのが、嬉しかったです。ただ、成功例に焦点があてられていたように感じました。簡単に診断を受ける夫、その診断を受け入れて乗り越えようとする夫、そんなにたくさんいらっしゃるでしょうか。診断を受け入れられず開き直るケースも珍しくありません。悲惨な例はたくさんあるのに、これでは、乗り越えようとする努力をしない(=しているにもかかわらず表面化しないため)妻が悪いとの流れができてしまいそうです。
一つの意見としてお聞きください。(5月26日記)
[PR]
by aaa-ruicchi | 2015-05-20 09:08 | こんな会あります④書籍など

ツナさんのご本です

ツナさんの新しく出版された書籍をネットで見つけました。
カサンドラのほかのグループで、すでに話題になっています。
昨年の出版のようです。


まずは、書名を、
旦那(アキラ)さんはアスペルガー 奥(ツナ)さんはカサンドラ 野波 ツナ 単行本(ソフトカバー) ¥ 1,080、15年12月19日



時間ができて、買って読んだら、
また、書きに戻ってきます。
[PR]
by aaa-ruicchi | 2015-03-05 10:01 | 未分類
こんにちは。

季刊ビィの最新号に私の文章が載りましたので、お伝えします。
投稿の目的は、CADDの特集をしていたこの雑誌に、当事者として文章を寄せることにより、より多くの当事者の大変さに光が当たればと思ってのことです。
にじいろの活動で使っている名前、あ~あで、書いています。
とっても、短い文章ですが、よろしければ、雑誌を手に取りお読みください。



CADDの八方ふさがりの立場を書きました。
この最新号は以前の特集、カサンドラそのものではありませんので、特集そのものとはちょっとずれます。

しかし、特集は

心・身体・ことば 自分の感情、わかりますか?

なので、

私たちCADDは自分自身の感情が分からなくなり、心や体が病に侵され、大変な思いをしている人が多いですから、ずれていると、言いきれるものではありません。
依存やAC、人間関係に関する雑誌なので、CADDそのものがすっぽり当てはまるような気もしています。



キーワードとその説明
依存:心理学や精神医学で使われる意味そのものではなくても、ASD配偶者に振り回されるということは、こちらが何らかの面で依存している傾向があるといえばあるのかもしれません。
AC:これも、心理学や精神医学で使われる意味そのものではありませんが、ACの特徴、いい子である傾向がCADDになってしまう人には多いのではないでしょうか。ですから、役割をまじめにこなそうとしたり、言っていることにきちんと向き合ったり、自分の気持ちがわからなくなったり、するのではないでしょうか。
人間関係:これは、CADDが直面する大きな問題です。ASD配偶者はこれを理解する能力が著しく欠落していることから、ASD配偶者との関係が滅茶苦茶、このASD配偶者との関係を普通の社会で理解されることもなく、ちょっとでも事実を言うとバッシングに遭う、このような人間関係の中で生きているのがCADDです。




以上、キーワードの説明も含め、私、あ~あの雑感でした。
[PR]
by aaa-ruicchi | 2015-02-27 21:04 | こんな会あります④書籍など