☆偶数月第一土曜に語り合いの会をもっています☆


by あ~あ

カテゴリ:ご報告;カサンドラに関するトラブル( 10 )

FBもしています

にじいろでは、FBも持っています。現在はFBをほぼ使っていない状態でこのブログが中心です。

今後、このブログが使えなくなる可能性がありますので、もしこのブログが急になくなりましたら、FBをご覧ください。

「井戸端会議にじいろ」という名前でしています。私、あ~あが、あああ(あ~あの、’~’が使えないため)の名前で投稿しております。

なにもなければ、このブログで語り合いのお誘いを続けますが、もし急にこのブログがなくなった場合は、FBで語り合いの

お誘いをします。FBから情報を得てください。その場合は新しい申し込み方法メールアドレスもそこに書くつもりです。以下がFBアドレスです。


FBアドレスです。

https://www.facebook.com/井戸端会議にじいろ-1594332560792907/


理由ですが、実はこのブログに対して、削除要求・損害賠償請求と名誉棄損などで訴えるための個人情報開示請求がO氏からプロバイダー様に来、プロバイダー様からメールをいただいています。(プロバーダー様に確認後、可能でしたらそのメールをアップします)

にじいろの自助グループの特性からも、この個人情報開示は避けたいです。個人情報を守ることにより、この会の安心が守られていますから。個人情報開示で、会自体が成立しません。



928日にプロバイダー様よりこの請求が来ているお知らせをいただきました。特定の投稿に対する削除要求も入っているのでその投稿は不本意ながらいたしました。



スタッフで相談しています。

第三者にも相談し、いただいたプロバイダー様からのメールが本物かどうかのそれぞれのシュミレーションで対応を話し合い、先日プロバイダー様に確認し、本物だとわかりました。カサンドラの大変な背景を説明するのに適切な事例ですが、不本意ながら、O氏が指定する投稿はブログから削除しています。その後の対応はどうなるかまだ相談中です。

今後、この件またブログ上でご報告いたします。

情報提供方法の混乱、申し訳なく思っております。安心して会が運営できるよう、個人情報開示は避けたいです。

出来ましたら、このブログそのものは続けたいとの希望をもっておりますが、・・・。


O氏は過去に執拗な人権蹂躙発言ハラスメントを続け、その後もずっと続くフラッシュバック被害を口にしたり事実を分析すると、「まだそんなこと言ってんの!」発言にハラスメント上塗りをした後、その投稿を消すという卑劣なことをしています。Kに所属していた教員です。組織としてのKやO氏がしていることは、カサンドラが理解されにくい構造をわかりやすく説明するのに適切なので、にじいろのブログでアップしていました。削除は残念です。

加えて、自分たちがもっとひどいことをしておいて、その’事実’が自分たちの名誉棄損になることだとは理解できているようですが、単に被害者を脅して黙らせたら解決だと思っているようで、怒り心頭です。証拠隠滅してまでして、不名誉な事実は消し去りたいんですね。


[PR]
by aaa-ruicchi | 2017-10-09 07:43 | ご報告;カサンドラに関するトラブル

ブログ侵入

お詫びがあり、投稿いたします。

ひとつ前の投稿にありますように、このブログに侵入され、一つのテーマに関する投稿が削除されました。
この一か月ほどPCのウィルス感染や乗っ取りがあり、その対応に追われていました。
(あ~あの私的なことですが)それが原因でもあり、出願期限に間に合わずできませんでした。
今回カサンドラに関する内容を学会発表するための準備に、元の脅しの文章を確認しようとして、削除されていることに気づきました。

管理面での不手際です。申し訳ございません。

ここに訪れてくださるカサンドラの皆さんの個人情報はこのブログでは扱っていませんので、皆さんには直接の被害はありません。
このブログにコメントが関西大学総務局総務課から送られてきたのは16年5月です。そこには事実をもとに書いたカサンドラに関する投稿を
事実無根などと嘘つき呼ばわりされています。これを読んで、ストレスから引き起こされるメニエルの症状が出ました。文章そのものはコピペでお残しています。

学会発表ではこの件をカサンドラに対する暴力的な無理解の面をジェンダーとともに論じる内容です。
コピーが残っていますが、元がないのは残念で、その内容(関西大学総務局総務課による嘘つき呼ばわりと訴えるぞ)のものだけなくなっているのは、どうしても疑わざるを得ません。しかも、元の訴えるぞとのコメントは投稿全体とともに非公開にしていました。

これまでも、
にじいろでのトラブルは毎回皆さんに公開しています。
安心してカサンドラが集まり共感できるように、参加者さんの個人情報は守ったうえで、トラブルは公開しています。

今後、ブログの管理に関しまして、すべての投稿をチェックすることはできませんが、アクセスはチェックできますので、その方向で再発を防ぎます。また、プロバイダーに問い合わせもこれからするつもりでおります。

お読みくださり、ありがとうございました。

機会がありましたら、コピペで残している脅しコメントと、関西大学総務局総務課からの脅しコメントの元になる投稿をご覧いただければと思います。

[PR]
by aaa-ruicchi | 2017-09-11 23:22 | ご報告;カサンドラに関するトラブル
以前、カサンドラに対する嫌がらせについて投稿していましたが、それを削除するよう脅され、削除しました
これは
不可視性の高い密室でのASD配偶者との関係でDVもあり得る、
理解されない一般社会との関係、
構造的弱者に対する個人情報を握っている強者からのハラスメントと、
幾重にも不利な立場でおかれる現実に、
事実を嘘といってまで名誉を守りハラスメント教員を雇い続ける関西大学からの脅し
です
カサンドラの方には、おかれている状況が客観視できる内容でしたが、削除したこと、申し訳ありませんでした
その脅された文章は公開で送りつけられて来たので載せても問題ないでしょう


この投稿は、にじいろ(の参加者さんやブログをご覧になっておられる方々個々人)とは全く関係ありません。
しかし、カサンドラに対する嫌がらせに関する文章に対するものです。
カサンドラの皆さんはカサンドラを理解されないことが多いかと共感していただける点があるかと思い、投稿いたします。
削除させられた文章はもともとにじいろのブログにカサンドラに対する嫌がらせの事例として載せていました。
管理人として、このような脅しに屈し削除するのは大変心苦しいのですが、こちらが正しくても、個人で関西大学相手に闘うことは組織的な隠蔽や脅しが続くようなところなので勝ち目がありません。証拠はすべて、関西大学が握っています。…弁護士に相談して得たアドバイス
また、以前の投稿と重なる部分もあるかと思いますが、その点ご了承ください。

経緯
15年10月にカサンドラに対する嫌がらせのコメントが他ブログに執拗に入りました。
その嫌がらせ内容のネタ元は非公開FBグループ(カサンドラの自助グループ)への不当な侵入と立場上知り得た情報(関西大学の教員が学生の個人情報にアクセスできる)です。それをもとに嫌がらせコメントを送り付けられました。
その嫌がらせのコメントの内容、事実を分析すると、
以下の削除しないと訴えるぞコメントが16年5月に送り付けられました。
事実無根、根拠なく、誹謗中傷と、実際にここの副学長がしたことという事実とは異なるコメントです。
関西大学に訴えられても、個人の立場で対応するその力がないこと(注;弁護士さんにも関西大学相手に闘っても相手は隠ぺいが簡単にできる組織とのアドバイス)から、
事実で根拠あることで、事実の分析ですが、嘘をついてまで圧力をかけてこられている現実があります
不本意ながら、
関西大学に訴えられ、これ以上負を背負い込みたくないので
不本意で悔しくストレスのかかることですが、
関西大学の脅しに屈して、
そのカサンドラに対する嫌がらせの事例分析は非公開にしています。

(それ以前の経緯として、97年度編入学した関西大学ではその嫌がらせコメントを送り付けてきた教員は、ほかの関西大学教職員と同じく被害者に対してハラスメントをしてきました。一般的なハラスメントとは異なり、関西大学でのこのケースは加害者が関西大学総合情報学部正規職員全員と何人かの教員です。この元になる嫌がらせコメントの並みの言葉が日常的に頻度高くぶつけられ続け、正規職員からは暴言を伴う業務拒否や脅しが続きました。大学院退学を指導教官、水越敏行に告げると「(関西大学で)遭ったことは言うなよ!言うたらあんたがおかしいと思われるぞ!潰されるぞ!」と研究室で恫喝されましたし、当時の学長からは「調査の結果、そのような事実は認められませんでした」と、調査能力の低さと隠蔽能力の高さを見せつけられ、なかったことにされました)
また時間を戻しますが昨年10月にハラスメントコメントを送りつけられた後、関西大学学長に訴えましたが、
以前同様、学長個人が変わっても、
関西大学学長という、隠蔽も職務に入っている立場では
同じ対応で無視を貫かれています

ここで関西大学の宣伝を入れておかないと訴えられても困りますので、入れておきます
あなたも関西大学に入って、他の大学では経験できない
教職員からの嫌がらせを受けましょう!
自分達の名誉は守りますが
学生の人権は守れません
こんな高等教育機関、滅多にありません!
関西大学でないと、なかなか経験できませんよ!



Commented by 学校法人関西大学 総務局総務課 at 2016-05-19 19:21 x
貴殿が作成されているブログに、本学教職員の実名を記して事実無根の内容を掲載されています。
http://aaaruicchi.exblog.jp/21951914
http://aaaruicchi.exblog.jp/i18/
http://aaaruicchi.exblog.jp/22620529/
本学を根拠なく誹謗中傷、名誉を毀損する内容の記載があり、本学の印象を著しく傷つけています。
つきましては、速やかな書込み内容の削除を請求します。
なお、本学の要請が受け入れられない場合、プロバイダ責任制限法第4条に基づき、発信者情報の開示請求を行い、貴殿に対して法的措置を行う予定でありますことを申し添えます。


Commented by aaa-ruicchi at 2016-05-20 07:21 x
関西大学総務局総務課

お書きになっている
事実無根
根拠なく
の箇所が理解できません。
実名があるのですから、ご本人に事実確認はなさったのでしょうか。
何度も関西大学に97年度からのこのハラスメントを訴えていますが、お返事いいただいていませんが、関西大学の名誉を守るための行動は素早いですね。


職員にA棟1階の小さい部屋を密室にされて、ペンを持たされて「関西大学のせいでなく」、「個人的な理由で…」等と書かされ、言わないように懇願されたこと
水越敏行に「言うなよ!言うたらあんたがおかしいと思われる!潰されるぞ!」と密室の研究室で怒鳴られたこと
と、通じるところがあります。


この関西大学からのコメントを読んで、
怒りのためメニエルの症状と血圧上昇を感じます。

対応そのものは、もう少し後になります。
また、コメントを非公開にしているところ、
職員のこじんめ
Commented by aaa-ruicchi at 2016-05-20 07:47 x
メニエルの症状で手元が狂い途中で送信してしまいました。

続きです
職員の個人名がないところも、大学院退学直後に一連のハラスメントを訴えた際の学長秘書の対応を彷彿とさせます。事実無根とお書きになっていますが、貴大学の副学長からのコメントとも共通点が多く見られます。

名誉毀損とおっしゃる前に
教育関係者として、
それ以前に社会人として、

弱者を脅して黙らすのではなく
多数派を形成し少数を作り出し攻撃するのではなく
加害者として、
ハラスメントを認め、謝罪し、補償補てんをするのが
関西大学の名誉ある行動ではないでしょうか。
名誉毀損という言葉は適切ではありません。
関西大学の名誉を毀損しているのは、実名を書かれた人達の関西大学の名の元に働いた言動ではないでしょうか。

怒りが沸き上がってきますので、まずは感じたことをお書きしました。対応はもうしばらくお待ちください。

ふらつくので横になります。


記;97年度編入、大学院初年度退学;
◎◎◎◎◎
Commented by aaa-ruicchi at 2016-05-20 08:12 x
実家の父からアカンダイになんか行きやがってみっともないと言われながら、自身で稼いだお金で関西大学に通っていました。
アカンはずないと
自身に言い聞かせながらずっと普通の大学ではあり得ないレベルと頻度のハラスメントに耐えてしまいました。
仕方ない状態で連れていった子どもにまで教職員による暴言がありました。
多方面にわたる必要から35歳までのキャリアチェンジを考え、関西大学に入ったのが間違いです。未だに関西大学で受けたハラスメントを原因とするフラッシュバックに悩まされています(=心療内科の医師によるテストの結果)。
もちろん、子どもにまで悪影響が出ました。しかし、それすら、関西大学の隠蔽脅しにより原因が意識化されないままに対応してしまいました。子どもに対しては申し訳なく、関西大学のように内実を伴わない名誉を重んじるところに入ってしまったこと、悔やんでも悔やみきれません。

関西大学がしたことを、認めない-謝罪しない-補償補てんをしない、
それで法的措置が取る予定と言える関西大学、その行為が関西大学の名誉を著しく毀損していると私は感じます。

この関西大学からの脅しコメントを読んで、その思いが強くなりました。
Commented by aaa-ruicchi at 2016-05-20 08:26 x
このコメント通りに実行するのなら、
15年10月の木谷晋市によるハラスメントコメント後、鬱状態になり、二度の受験を逃したのと同じ状態になり、またまた関西大学により、行く手を阻まれたことになります。もちろん、関西大学大学院中退後に、
編入学から大学院修了した同志社大学では関西大学のような不快な思いもしませんでしたし、私が関西大学で感じた教職員の一般学生に対する理不尽な対応も同志社大学では見聞きしませんでした。しかし、関西大学で受けたハラスメントを原因とするフラッシュバックに悩まされ続け、先生方、職員のみなさんにご迷惑おかけしました。関西大学で脅しを伴う口封じがあったため、その原因にすら、気づけなかった期間が長いです。

関西大学には脅すのではなく、
名誉ある大学教職員のあり方をお考えいただきたいです。
Commented by aaa-ruicchi at 2016-05-20 08:39 x
ちなみに、編入学入試の面接での面接官の質問だけでも
完全にアウトだそうです。

関西大学で教職員にされたことをひとつでも口外すると、その場が沸き上がります。

関西大学のハラスメントが
非常識!犯罪‼という意味です。

ちょっとしたもちネタ状態です。
(関西大学が私に求めたアホな大阪のおばちゃん像が実行できています)
Commented by aaa-ruicchi at 2016-05-20 08:41 x
関西大学内の常識とのギャップは意識なさっていますか?
Commented by aaa-ruicchi at 2016-05-20 08:45 x
怒りが沸き上がって、書かざるを得ないので書いています。

ところで発信者情報開示を請求しなくても、情報お持ちではありませんか。木谷晋市のコメントはそれを証明しています。
Commented by aaa-ruicchi at 2016-05-20 08:50 x
罪悪感はお持ちではありませんか
Commented by aaa-ruicchi at 2016-05-20 09:10 x
本文中のやり取りにありますように、
弁護士さんからも
関西大学相手に訴えることは
組織的な隠蔽があるだろうから、止めた方がいいとのことでしたが、結局のところ、自浄能力をお持ちでないのですね。
私学も教育といった組織の使命上、公権力を持っていますが、そこに上にたつ立場の人間のモラルがないと、給料もらって、授業料払っている学生に私憤をぶつけ、安泰の位置から見下ろすことができるのですね。
関西大学以外、他の教育機関で学ぶ立場でここまで劣悪な教職員のあり方は見たことも聞いたこともありません。
教育機関の教職員本人だった立場やその関係者としてもです。
一度この責任のあるお立場を謙虚にお考えになられてはいかがでしょうか。

[PR]
by aaa-ruicchi | 2016-09-10 11:30 | ご報告;カサンドラに関するトラブル
ひとつ前の投稿に削除するよう脅された関西大学からの文章を載せています
その削除しろとの強要された対象である文章中、分析は載せず、送りつけられた関西大学副学長(、関西大学総合情報学部長、関西大学総合情報研究科長、関西大学入試センター長、*実名挙げていません)とのやり取りの原文のみをお載せします
やり取り最後に、被害者とその家族の実名も入れられました
主にカサンドラの共感目的である非公開FBグループに不当に入り、そこでのやり取りを知っていると誇示し、バカにしています
関西大学副学長の立場でカサンドラはともかく、アスペルガーをご存じない、女性のロールを見下している点は特記できます
離婚を連呼していますが、これはハラスメント加害者のコンプレックスからくるものです(直接受けたハラスメントも同様のパターン)。
分析を入れると、訴えられても困るのでここまでにします

(教員が立場上したことを脅して握りつぶさなければならない関西大学職員のお仕事って、不思議です。モラルや公序良俗って言葉ご存じない?!)



☆は加害者の発言、🌹は被害者の発言


以下のコメント以外にも被害者、被害者の夫、被害者の子どもの名前が公開でコメントされました


(関西大学で受けたハラスメントについて事実への気づきを投稿したページに書き込まれたコメントとそれへの返答コメント)


☆離婚するのがよいでしょう


🌹コメントありがとうございます。
すみません、ちょっとコメントの意味が投稿と離れているので、理解できませんでした。DV夫である関西大学と離婚という意味ですか?


☆結婚相手とは離婚したほうがよいですね
今までの投稿一連のことです


☆あなたの存在が腹立つ。あなたが悪い。あなたが原因。
そういう人です。
離婚しましょう。


🌹コメント二つありがとうございます。
ところで、存在が腹立つ、悪い、原因
に関しての投稿はしていないと記憶しています。


☆どこかでお書きになっているんでしょうね


🌹???
関西大学の教職員の方ですか?
どこに書いたかわかりませんが、関西大学で受けたハラスメントに関しては、セクハラを前面に出して、ハラスメント窓口に訴えたら、それなりの対応があるであろうと、弁護士さんのアドバイスもありましたが、そこは関西大学、普通の常識では考えられない対応が関西大学からありました。もし、☆さんが関西大学の職員の方でしたら、アドバイスいただけませんか。


☆夫からの発言
「●●●の存在が腹立つ!」、「●●●を黙らそうとしてるだけ!」、「●●●の発言が腹立つ!」「●●●が原因!」
離婚しましょう


🌹やっぱり、関西大学の教職員の方ですね。
関西大学の起こしているハラスメントをどのようにお考えでしょうか?
これも関西大学による嫌がらせと認識してよろしいですね。


☆大変だと、思います。どうお声をかければいいのか、・・・。少しでも何かが好転することを、お祈りしています。だけど、リコーン!しかないね!かとうさんも、夫さんも、あなたの敵です!実家の父も、おばも、関大教員と事務員も、みんな。あほな神沼恵美子!そう思っているのはあなただけ!あなたこそが発達障害!


🌹コメントありがとうございます。
一度お礼を書いたのですが、コメントを消されてしまっています。
あのう、私が書きたいその内容をご理解いただけていないことが気になります。 また、発達障害と決めつけることは、私だけでなく、発達障がいの方に対しても問題です。
コメントに誤解があってはいけないので、はっきりお伝えします。
このブログに書いていない内容へのコメントをなさっています。
解釈の問題ではありません。
質問です。どうして、その人たちが上沼恵美子さんとつながるのですか?そのような内容は書いていません。
敵という単語も使っていません。
カトウマキコさんもそうですが、どうして、タケウチトシミさんは書かれていません。
どうしてですか?
どうして、その人たちが上沼恵美子さんとつながるのですか?


☆発達障害の人に失礼って、よく言うよね。


夫に対して発達障害とか、三つ組みの


障害とか、言いまくってるくせに。


失礼なのはそっちだよ。自分を何だと思ってんの?


自分の頭がおかしくなってることに気づいてないんだろうね。


おかしい人には分かるはずもない。


自分の障害を診察してもらったほうがいいよ。


ただしカサンドラではないよ。


カサンドラのfacebookで愚痴を言いたい放題だよね。


分かってるふりとか、思いやりを持ってるふりとかしても、


本当の姿はこっちにはお見通しだよ。


婚姻契約を交わしている夫とは離婚しましょう!


それしかないよ。


あなたは単なるヒモ!


夫のお金がないと生きていけない!


なさけない女!



🌹コメントありがとうございます。
お言葉ですが、専門家のご意見もいただいておりますので、ご心配なく。また、カサンドラは一般的には専門用語ではありませんので、そのような診断が下ることは稀です。
関西大学でハラスメントを受けていたころからずっと受けております。関西大学のスクールカウンセラーの方にお話したことは次のハラスメントを作りだすために働きましたが、きちんとしたところで受けています。そういえば、最近、関西大学でスクールカウンセラーをなさっておられる方に、関西大学で受けたハラスメントを相談したいとお願いしたら、日にちが確定していたにもかかわらず、すぐに言い訳を作りだして、お断りのお電話をいただきました。関西大学の握力はすごいですね。
専門家によると、共感する必要や知る必要があるとのことです。
ところで、三つ組みの障がいと言うことのどこが失礼なのでしょうか?
アスペルガーを説明するために一般的に使われている用語です。
決めつけることが失礼だと言っているのですが、わかっていただけないんですね。
ところで、アスペルガーや発達障がいやカサンドラについてはこのブログに投稿しておりませんので、今後この方面のご投稿をいただきました場合は、予告なしに削除させていただきます。


☆あなたは夫を幸せにできぬどころか女版ヒモになり果ててる!
時間つぶしに受験して遊んでるに過ぎない!目標でもなんでもない!
リコン!しましょう!


🌹コメントありがとうございます。
木谷晋市先生ですか?
以前ハラスメントを先生から受けたパターンと酷似しています。
私が置かれている負の状態を作り出したのは自分サイドなのに、古いジェンダーロールを引っ張り出してきて、レッテル貼して、全否定。
大変懐かしいです。こんなイッシキヒックウは関西大学以外でお目にかかれません。
全否定はここでは言い過ぎでしたね。でも同じレベルまで降りる必要はありませんでした。関西大学に合わせる必要もないのですし。


☆離婚しましょう


🌹今きちんとした人としてまともな人の集まりで、この一連の御発言、人の個人的な選択に上から断言が、大問題になっています。
一人の専門家がその立場上、面倒見るべき対象者に放った暴言で、被害者はお二人です。外部の専門家のご助言があり発覚しました。
関西大学を反面教師として、適切な対応ができました。
続く


🌹被害者さんのその後も確認できましたが、加害者と被害者さんにすぐに対応したこと、関係あるであろうかたがたに公にしたこと、これらは関西大学がしたことを反面教師として参考にどうしたら、全体が心地よく過ごせるか、被害者さんの傷が悪化しないかを考えての対応をしました。続く


🌹ずっとこのコメントを書き続けていらっしゃいますが、…
ひとを踏みにじることをしている実感はおありではないようですね。
また、今までの経緯から、いろんな背景をからも、…
決めつけやレッテル貼、関西大学が反面教師になっています。
それ以前に、…
勉強になります。


🌹↑被害者の方はとりあえず、大丈夫とのことです
こちらとしては謝罪していないことが気がかりです
断言できるのは、関西大学とは大きく異なり、認めていること、名乗り出てお話していただきたい(そのうえでこちらから’直接’謝罪もしたい)とお声がけしていること、謝罪していること、公にしていることで、関西大学よりずっとましというだけです。被害者の方にとっては、最悪の経験をしたというだけだと思います。決して完ぺきではありませんが、関西大学よりましです。最悪の指標があるのは指標がないよりずっとましですね。その最悪の指標でいまだに私は苦しんでいますが。
関西大学が滑稽にひれ伏す帝大の心理と医学からも、私の言っていることは肯定的に受け取られていますので、ご心配なく。これを言わないと関西大学が納得していただけないので、こちらもこんなことを言うのは恥ずかしいですが、書きました。
外に漏れているって、外に関西大学の木谷っていう奴がおる大先生が漏らしているってことでしょうか?


●上のコメント一連をコピペでアップ後、いただいたコメント


☆強権発動か。こんなブログを書いてる人間だからどうしようもないクズだね。フェイスブックはサクラだらけだよ。日ごろから発言してる輩も実はサクラ。それくらい分かってる?そこで書かれたことは筒抜けだから。そこであんたたちが配偶者を発達障害呼ばわりしてることは外に漏れてるし、お前さんを含むほかの人たちの正体も知れてるよ。妻を見れば夫が分かる。お前さんのレベルからして夫は大したことのない陳腐な人間だね。


🌹筒抜けというのは、関西大学に筒抜けということですね。


🌹この関西大学に関して、木谷先生であることに関してのお答えがありませんね。


🌹’さくら’と’あんたたちがうんぬん’に矛盾があります


🌹自分たちがしたことがこのように悪影響というか害をもたらしていることに、ほんの少しでも罪悪感はないのでしょうか?


🌹この脅しというか、恐怖心をあおっての管理は、関西大学のお家芸ですね。これって、教育からかけ離れていますね。


[PR]
by aaa-ruicchi | 2016-09-10 11:23 | ご報告;カサンドラに関するトラブル

お詫び;講演会資料の件

関係者各位

にじいろ主催の講演会(ブログ管理人;あ〜あが企画)で著作権を侵害する資料を配布いたしました
こと(下記ご参考)を関係者の皆様に謝罪いたします。
今後はにじいろ主催の講演会での配布資料を事前に著作権侵害に該当しないかを確認いたします。
                            にじいろブログ管理人、あ〜あ

            *記*
資料配布の講演会名;2月6日「せつこ先生の講演会 part6.」
無断使用した書名;旦那(アキラ)さんはアスペルガー アスペルガーとカサンドラ
著者名;野波ツナ氏
出版社名;株式会社コスミック出版


[PR]
by aaa-ruicchi | 2016-03-01 12:16 | ご報告;カサンドラに関するトラブル

お詫び二点とご報告

こんにちは。ブログ管理人、あ~あ

お詫びが二点あり、投稿いたします。

一点はにじいろイベントでの資料の件で、
著作者の方にご不快な思いをさせてしまいました。また、こちら側からほぼボランティアでしてくださっておられる専門家の方にも同じくご不快な思いをさせてしまいました。会の企画をしたものとしてあ~あは大変申し訳なく思っております。今後著作物使用に関して知識を入れ、認識を改めます。

もう一点はにじいろの活動内で対象外・目的外(にじいろの対象はカサンドラの方で共感が第一の目的)としか認識できない方のご参加をご指摘いただきました。
この会は大変ナイーブなお立場の方がご参加なさいますので、その対応を考えております。とりあえず、語り合いのお申し込み方法をメールに変更いたしました。方法の変更、お返事等が遅くなる場合がありますこと、ご了承くださいますよう、お願いいたします。

内部で起きた問題もオープンにし、風通しよくご参加してくださる皆さんが安心して語れる場を提供していきたいと考えております。
ご理解いただけましたら、ありがたいです。

管理人
あ~あ記


ご参考
経産省のHP内、
  • 著作権侵害への救済手続
  • http://www.meti.go.jp/policy/ipr/infringe/remedy/remedy03-4.html

    [PR]
    by aaa-ruicchi | 2016-02-12 11:22 | ご報告;カサンドラに関するトラブル
    6月の会参加者さんなどへ


    こんばんは。
    にじいろブログ管理人、あ~あです。

    お詫びしなければならないことがあり、投稿いたします。


    6月の会ご参加者さん、クローズドの会ご参加者さん、8月の会ご参加者さんの何人かの方々が
    にじいろの会にご参加なさったことで、不快な思いや違和感を持つようなこと(三つのルールを守らない)を特定のひとりのスタッフによりさせられたと信頼できる外部の専門家の方からもお聞きしています。

    本来、にじいろはカサンドラの方が普段の大変さを語り、共感し楽になるために集まっている会です。

    本末転倒なことになってしまい、申し訳ございません。

    発覚したのが、昨日土曜日でしたので、具体的には連絡やこのブログ以外まだ動いていませんが、発起人、るいっちさんとその後電話やメールで相談しております。るいっちさんが問題に感じて対策を考えてくださっています。

    会として、
    参加者さんの複数人が感じていらっしゃることから原因そのものがこのような会で問題であることは明らかですし、
    この会では従来参加者さんが個人情報を守られる立場であることから、不快な思いをさせられたご本人が誰かはこの問題では明らかにせず、
    原因に対して、対応していくつもりでおります。
    ですから、本来は不快な思いをなさった方に、直接お詫びを申し上げるべきところですが、
    原因に対する対応をまず、考えております。

    また、被害にあわれた方、名乗ろうとなさるのでしたら、名乗ってください。こちらからは個人情報保護の意味もあり探しません。名乗ってくださった場合、もちろん、にじいろの中で不利益は生じません。今後も気持ちよくご参加いただけたら、こちらもうれしいですから。名乗ってくださったら、にじいろとしても、直接謝罪したいと思っております。
    被害まではいかなくても、違和感を持った方もよろしければ、お考えをお聞かせください。

    現時点では再発防止のため、クローズドの会を休止する方向、原因のスタッフに対して不快に思っておられる複数のご参加者さんの存在を説明する(そのうえでしばらくスタッフとしてはお休みをお勧めする)などの方向が考えられます。(=にじいろの決定ではなく、問題を把握した現時点のあ~あの考え)

    (ここからは早朝の連絡のやり取り後)他のスタッフの方々もお考えを出してくださっていますので、少しずつ、具体的な問題点が明らかになっています。
    (ここからは7日朝までのやり取り後)るいっちさんが原因のスタッフとやり取りをし、偶数月の語り合いの会は関わらないところまで、決まりました。
    今後、奇数月のクローズドの会は、にじいろとは関わりありません。(今後続けるかどうかも決まっておりませんが)
    (9日朝)結論、
    ・今後、普段の語り合いの会も原因のスタッフは関わらないとやり取りの結果、決定しました。
    ・最新の投稿にもありますように、奇数月のクローズドの会はにじいろとは関係ありません。開催されるかどうかはその元スタッフ次第です。この経緯を踏まえたうえで、ご参加をお決めください。
    ・この一連の原因のスタッフとのやり取りで、私も含めほかのスタッフは疲弊しています(まるで普段、ASD配偶者と意見の交換をしているよう)が、回復したら、偶数月の語り合いの会だけでなく、奇数月も何かまだ具体的には考えていませんが、できればいいねと、先を見据えた意見が出ています。

    この件、お騒がせし、申し訳ありませんでした。



    以上です。

    あ~あ記
    [PR]
    by aaa-ruicchi | 2015-08-02 22:32 | ご報告;カサンドラに関するトラブル
    あけましておめでとうございます。

    旧年中はご関心を持っていただいたり、ご協力いただいたり、何よりご参加いただいたり、多方面にわたりありがとうございました。
    本年もよろしくお願いいたします。


    *お知らせ*
    お詫びがあり、投稿しています。

    少しの期間、ブログ内のいくつかのページを休止
    →停止します。

    また、ツイッターも非公開にし、しばらく投稿を停止します。

    せっかくいただいたいくつかのコメントが公開されない状態になり、申し訳ございません。
    ちょっと事情があり、このようにさせていただきます。
    もし、事情をお話しできる場や時があれば、ご説明させていただきます。
    ご理解、いただけますよう、お願いいたします。

    ブログ管理人
    あ~あ



    *理由*
    通りすがり様という方から、コメント欄にありますようにネット上の怖さ(=プライバシー保護の必要)をご指摘いただきました。

    サンプルとして、ASDを配偶者にもつ人の気持ちやその元になるASDの家庭内の言動をお書きしていました。
    ASDを配偶者にもっている方との共感から、この立場の大変さや孤立している状況からの突破口(ほかのCADDになってしまっている人とのつながり)になれればとの考えから、一つのサンプルとしてASDを配偶者にもっている感情を掲載していたつもりでした。

    エピソードもASDを配偶者にもっている方にとって'あるある'感があるものを書いてきました。ASDの方の家庭内でのエピソードの一つ一つが説明できるものでなく、'ハチャメチャ'なもので、誰に言っても理解してもらえない内容です。本当に書いてはいけないことはもちろん書いていません。

    CADDに陥ってしまっている人は現実のこととして社会で理解してもらえないだけでなく、責められる立場がこのブログの対象者、CADDになってしまった方です。

    やはり、ASDの方の家庭内での言動を説明しても社会から理解できない内容です。社会ではわからないところはニコニコしてごまかしているケースが多かったり、それ以外でも家庭内より明文化された社会では何とかやっていけるケースが多いです。

    ですから、
    CADDに対しての理解はまったくと言っていいほど、理解されませんし、
    社会と家庭とのギャップを想像してくださる方もいらっしゃいません。
    ただ、ここ(学業・職業・'結婚')までおできになるASDの方はASDであることからのハンディの中ここまで到達できた方であることは事実ではあります。
    CADDになってしまっている方はこのギャップとASDによる言動からの振り回されや傷つけられと大変な思いをされています。また、そこまでの関係に至るまでの経緯(=ASDが原因)もASDの頭の中からは吹っ飛んでいます(=なかったことになっている)。ASDの方のその場さえ乗り越えられたらと、その場限りの言動を繰り返すエピソード、思い立っての暴走、相手の気持ちを思いやることなくタブーであろうがなんであろうがプリミティブな欲望からの暴言(小学校低学年児童の発話に年相応の知識が入っているような)は書いてきたつもりです。

    通りすがり様がおっしゃっておられる方と同一人物かは別として、
    「先生がここまで嫌われている・・・」との表現もご指摘にありましたが、嫌っている嫌っていないの問題でない点もまったく理解されることがないのも、社会からの理解を得られないCADDの立場だと改めて認識できました。また、通りすがり様からのいただいたコメント内(お消しになったコメントも含む)に、一般的にCADDになってしまった方の配偶者を想起させる単語がたくさんあり、私だけではなく多くのCADDになってしまっていらっしゃる方々にも不安感や恐怖心をもたらすかとも心配になりました。要するに、一般的なことがエピソード内に書いてきたつもりです。

    このように、家庭内でのASDの方との生活だけでなく、社会でも理解されず否定や社会通念に則ったこのケースにはずれたアドバイス*注を受け続け、感情そのものを出す機会すら奪われた方がCADDに陥っておられる方では一般的です。家庭内でのASDの方のハチャメチャなエピソードと、それに対する感情、それをお書きしたかったのです。そこからつながり、同じように大変な思いをしている方々とつながり、孤立からの脱出につながればと、考えておりました。

    ご指摘いただいたことはもっともなことです。今後はこれまでの投稿をブログ上・ツイッター上とも編集し直し、サンプルとしての投稿は止めます。

    今後はまずこのブログとツイッターを編集し直します。今後の新しい投稿はより一般的な表現によりこの大変さをお伝えするように心がけます。

    お読みいただき、ありがとうございます。
    また、通りすがり様、ご指摘ありがとうございました。


    *注:消されたコメント内にもアドバイスがありました。もっともなアドバイスで、極めて常識的な内容です。
    まっとうなアドバイスに違和感を持ってしまうのは、前提が吹っ飛んでいるからです。前提というのはASDからの何らかの言動です。しかも弱者に対してです。弱者を躍らせてその気にさせてはしごを外す、このパターンを何度も繰り返しています。ASDがはしごを外す根拠は社会からの'まっとうなアドバイス'です。ASD本人の前提が頭からきれいになくなっています。CADDに陥ってしまっている人が何もしていないかというとそうではありません。その前提は間違っていると何度も丁寧に説明しています。前提は間違っていると、CADDに陥っている人からの指摘があり、社会からも同じ指摘を受ける、要するにCADDの人は、社会一般の常識と重なります。その一般的な常識があり得ないとしつこくくどく延々とそれを否定する、その言動すべてしているASDですが、簡単にそれが頭から、記憶からなくなるのも、ASDの特徴のようです。
    ASDと我々の立場、それを取り巻く社会の典型的な例です。これにより翻弄されるのがCADDになってしまった私たちの立場です。



    *雑感*
    このページの投稿は通りすがり様への個人攻撃ではありません。
    攻撃と言うより、ご指摘への感謝とそこからの考えです。
    消されたコメント内も含め、ASDの方で結婚されている方の一般的なキーワードが多くみられました。このブログの対象者さん、CADDに陥っていらしゃる方のASD配偶者さんと重なります。
    通りすがり様がおっしゃっておられるキーワードとこの立場からの感想とお書きします(結婚しているASDを想定)
    ①「◎◎先生」:ASDであるがゆえに、一つのことに固執し、それなりの地位(学歴や威信のある組織への就職や昇進など)を得ているため、先生と呼ばれている立場のASDの方は多い
    ②「人徳者」:周りの状況や本質的に求められていることがわからないので、よく似た場面で'オウム返し'をしているだけで過去に何らかのインプットがあったと推測される
    =ASDはモラル面での人としての考えはないと感じられるエピソードが家庭内及び長く一緒にいると多くみられる
    =ASDは過去に配偶者であるCADDが言った言葉をそのまま自分の言葉として話している
    =近くにいると、本人の考えでなく、思い付きで'オウム返し'をしているだけだと経緯からわかる
    =その場面場面だけのお付き合いの方はその場の発話から勘違いし、人徳者と思い込んでしまう
    ③「ご活躍」:①と重なる、ただ、ここまでできているのは本人の混乱の中での努力と周りの許しやフォローがあってのこと
    ④「嫌われている」:ASDの私的な日常の現実と、その対応(プラン)や正直な感想であり、好き嫌いの問題ではない
    ⑤「驚き」と「立場をなくす」:この部分がCADDが一番恐れていること
    :対社会に必死で隠し孤立、言っても理解されず否定され孤立、言ってASDの前提を念頭に入れない常識的なアドバイスを受けて傷つく・立場をなくす、などはすでに経験している
    他:⑤の「驚き」ということは、このブログ内のエピソードをきちんと受け止め信じていただけたということを意味し、普段の生活ではこの内容そのものを信じてもらえないですが、この通りすがり様は信じてくださった点も感謝しています(想定なさっている方と一致するかは別)。
    ⑥常識的なアドバイス(または否定的なレッテル張):家庭内のASDの言動(及びCADDの社会の常識に則った働きかけを含む経緯)が視点から欠落している

    以上の6点への考えがまとまりました
    ASDと一言で言っても、にじいろの対象者さんの配偶者さんは
    自閉症スペクトラムの中でのASDをもっと範囲を狭められるかと感じました。
    知的言語的に問題なく、学歴や職歴は達成され、結婚までたどり着いておられます。
    ここに男女の異なりはありません。
    男性がASDのケースが多いですが、
    女性がASDのケース(=CADD夫)も存在し、過去の参加者さんにもいらっしゃいましたし、当事者さんの発信もあります。
    ただ、ASDの男女比は8対1で、男性に多くあらわれるそうです(様々なデータがあるが、男性に多くあらわれる点では一致)。

    そこで、日本のように男女別ライフスタイル/サイクルが比較的固定化されている社会では相補関係のカップルが多く、ASDの配偶者になってしまった場合、男女関係なく、相手がすべきと社会が思っていることをすることができない状況に陥ってしまいます。

    ①家事や子育てが女性の役割、
    ②女性が労働市場からはじき出されやすい傾向もあり男性がブレッドウィナーの役割、
    ②'上二つの条件をもとに、大きな経済的なライフステージ内での決定権を社会的にASD夫*が持つ
    ①'〃、子どもを持った場合のASD妻*が子育てが困難で、定型夫に負担 または子どもにしわ寄せ

    ・*ASD夫・妻(ここで前提としている):周りの状況が理解できないため判断力なく、計画が立てられない、人の気持ちを想像できない特性(ASDの三つ組の特徴から)
    ・データから、女性の社会進出に関する日本のランク、日本国内における男女別の賃金差、男女別家事労働時間の差を根拠に


    ASDが男性の場合は、働けていたら、なんとか日本の高度成長期以降のジェンダーロールに則った生活ができますが、その負担は定型女性側に大きくのしかかり、CADDになってしまいます。
    ASDであるがゆえに家庭内でルーティン外への対応ができずパニックを起こし、DVなどの深刻な事態が引き起こされたり、夫がすべき家庭内の計画がその特性からもハチャメチャであったり、モラル面で驚く言動があったり、ASDの特性から社会でうまくいかないしわ寄せを家庭内でされたり、・・・言い出したらきりがありません。
    ASDが女性の場合は、おそらくより深刻かと考えられます。女性が社会から求められることに臨機応変や機転やコミュニケーション能力があります。こまごまとした明文化されていないルール内での妻役割をこなすことは困難であることが簡単に想像できますし、仕事の場でも男性と比較するとより妻役割的な気働きやコミュニケーション能力などを求められます。

    ジェンダーロールを含む社会規範がこの立場、CADDやASDを苦しめていることがわかります。男性中心の社会で、仕事さえしていれば、文句を言わせない雰囲気があります。結婚や出産、育児などで経済力を(すべてでなくても)手放した女性はこの中で、生活していくのは大変です。また、恋人同士と変わらず結婚生活を営んでいる期間は定型夫はそれを楽しんでいればいいですが、子どもを持つと子育てが'普通に'できないASD妻を見かねて安定した仕事を手放し育児をする可能性も考えられます。

    上に書いた②「人徳者」とのコメントと逆の現象が家庭内で起こります、ASD夫による経済力の誇示(及び場所を変えた'オウム返し')、「誰のおかげで飯食えてんねん!」、ASD妻による家庭内弱者虐待です。すべて家庭内という不可視性の高い密室で行われていることです。

    CADDはASDを知る前は理解できずに傷つけられただけでしたが、単に過去に見たことをそのまま口に出しているかプリミティブな欲望から相手の気持ちを推し量ることなく年相応の知識を口に出しているだけで、その後ろの構造(ジェンダー構造=就業・結婚制度)やそこからくる立場性などはまったく理解できていないとわかっただけでも、進歩なのかもしれません。

    一般的に社会からの無理解からもCADDの症状をひどくすると指摘されていますが、このいただいたコメントのように、公に行っていただいたことで、こちらも公にこちらの立場をご説明できたことは貴重な機会でした。

    また、普通ってなに?と考えらえるのも、このASD問題だけでなくほかの社会構造を考え直すいい機会なのかもしれません。


    最後までお読みくださり、ありがとうございました。

    あ~あ
    [PR]
    by aaa-ruicchi | 2015-01-01 00:49 | ご報告;カサンドラに関するトラブル
    トラブルの核心をもう一度ご説明します。

    いつ?
    前回12月の会から1月ごろまで
    あ~あはまだこの後遺症をひきずっている

    どこで?
    自助グループの会およびそのブログ上、FB・携帯

    だれが?
    トラブル主さん:積極奇異型アスペの参加者さんと、アスペであるお連れ合いさん

    なにを?
    1.こちらが想定していなかった行為(明らかなルール違反=守秘義務違反)
    この会やブログを著書やレポートに掲載する計画を断りなく進めておられたのをこちらが発見
    ←あ~あはブログに載せることを前提に参加者さんに許可を得て「ご報告」をアップしていた、決してトラブル主さんの出版やレポート目的ではない 
    トラブル主さんは目的外使用を計画するだけでなく、(全員に)許可を得ようともしなかった
    トラブル主さんに以前も知らないうちに会の主旨を理解していないことがよくわかる文章(トラブル主さんが話し、編集者が書いたと(普段の言動から)思われる著書)を公表された経緯がある
    2.それをお断りすることへの驚く反応(自殺、大パニック、家庭崩壊の危機)
    3.その反応に関して頻度高くお伝えになったお連れ合いさん
    4.警察に連絡したことを「過剰反応」と批判するお二人

    以上のことにまったく罪悪感をお持ちにならない、「趣旨に反しているようにはみえない」とお連れ合いさん

    あ~あの対応は(主にブログ上で)?
    1.ルール違反であることを伝えた
    2.会のブログの一部(=ご報告)を閉鎖した
    3.「自殺」や「大パニック」、「家庭崩壊の危機」と伝えられたので、会に来られて何か起こされても困るので、次回の開催場所最寄りの警察署に内容を把握してもらう(あ~あの独断で)
    4.ルール違反に加え、主旨とは異なる参加目的なのでもともと参加資格がないと今後の参加をお断りした

    会の対応は?
    1.その方に参加をお断りした
    2.ルールを一部追加(=主旨と異なるため、ご本人がアスペルガーの場合は参加不可)


    この件で、臨床心理士さんお二人、アスペルガーの方と職業で接しておられる方お二人、警察官の方お一人、に相談に乗っていただきました。(あ~あ)
    ・皆さん全員が会の主旨と異なる参加目的だとのご指摘は共通しています。
    ・これまでの対応、特にるいっちさんがなさっておられたことは最善だともこのうちの何人かの方からコメントいただきました。
    ・結論である、会の対応(トラブル主さんのご参加をお断りする)も同じく支持いただいています。


    あ~あの感想
    アスペルガーを配偶者にもち、そのことで疲れ果てているのに、同様の特徴をお持ちの方とのトラブルはほんとうに疲れ果てることでした。お連れ合いさんも加わり、会とは関係のないことで揚げ足取りの攻撃には本当に疲れ果てました。トラブル主さんは当然のこととして迷惑をおかけになっていること、その迷惑の実感はなく、自分だけが被害者だと思っておられるご様子、やはり疲れ果てます。配偶者以外のアスペルガーの方が原因でもカサンドラ愛情剥奪障がいが起こると実感できたトラブルでした。個人的にこの冬超える必要のある課題があるのですが、こんなことに振り回されて、迷惑としか言いようがありません。



    *実際には発起人さんが連絡等動いてくださいました。


    今後何も起こりませんように





    以前の投稿と重なりますが、この件でご訪問いただいている皆さんにご心配おかけしたことをお詫びいたします。
    [PR]
    by aaa-ruicchi | 2012-02-02 00:01 | ご報告;カサンドラに関するトラブル

    反省

    このトラブルが起こるまで、当然のこととして、ご報告を書いていました。

    その目的は、会の紹介やご参加できなかった方へのつながりです。できればアスペルガーを配偶者にもつことがどんなに大変かを社会一般に訴えたかったという願望もありました。

    ただ、自助グループは会で話されることを外に出さないというのが一般的なことであることを今回のトラブルで知りました(他の自助グループの参加条件をいくつか見ていて)。

    この会にご参加くださる皆さん共通のこととして、一人じゃなくこのような発信が皆でできる、とも信じていました。しかし、これらの主旨が理解されることなく、この会で語られたことが切り貼りで何らかの出版物になったり、レポートになったりすることの怖さを思い知りました。

    特にこの件では、どのような文脈で使われるか想像がつかないことですし、これまでも全否定された経緯がありますから。それに、肝心なことに関して、その方とはまったくコミュニケーションが取れていなかったこともつぎつぎに思い出しました(かなり振り回されて疲弊したことも複数回あった)。

    安心して、参加できるためにどのようにすればよいのか、そのための配慮が不充分であったことが今回のことで思い知りました。

    今後、一般的に自助グループで話されることは外に出さないはブログにも適用されることとして、「ご報告」はアップしないことといたします。参加者の皆さんの安心につながることを願っての判断です。(この結論は発起人、るいっちさんと導き出しました)
    加えて、熟慮の結果、アスペルガーご本人の方のご参加は、会の主旨と異なるため参加不可にさせていただきます。(この結論も発起人と導き出しました)

    ブログ管理人の私の配慮が足りませんでしたこと、お詫び申し上げます。

    文責:あ~あ
    [PR]
    by aaa-ruicchi | 2012-01-05 09:00 | ご報告;カサンドラに関するトラブル