☆偶数月第一土曜に語り合いの会をもっています☆


by あ~あ

お礼とご報告(4月4日の会)

今日、4月4日に語り合いの会が開かれました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
いらっしゃれなかった方にもシェアするのも目的にお書きします。

お若い方のお話はとても参考になり、私自身が効果的な方法を知っていても実行できないうじうじした態度がよくわかりました。もっと頭を使って効果的に生活していったらいいんですね。

といっても、このコミュニケーションギャップはしんどいです。そこは共通しています。
三つ組みの障がいと言われているその症状からくるもの、
共感してほしくても、その能力がない、わかっていてもつらいです。
邪魔してほしくない、せめてなにもしないでほしい、悪意はないとは思うのですが、大変困ります。
自分は言いたい放題で、人の傷つくことを平気で言って、すぐにケロッと忘れる、でも、こちらがその経緯でした発言に傷つき根にもたれても、腹が立ちます。

会話の流れで
アスペルガーとサイコパスの違いは何?との疑問がでてきました。
そこで見つけたのが、このブログ、‘発達障害児の療育ブログ‘です。下にアドレスあります。ご参考に。(アドレスをお書きしますが、今のところ無許可で載せています、ブログ管理人さんの連絡方法がわかりません。ブログ管理人さん、もしお読みになり不都合をお感じでしたらおっしゃってください。)
サイコパスとアスペルガー、重なるところなどを話しながら、普段の生活で、そのなにが困るのか、どう感じるのかを話しているうちに、この話題でこんなに分かり合えるって、ここだけ!と感じました。会話が通じます。そう、家庭内だけでなく社会でも理解されていないことも確認できました。
それは、なぜかアスペルガーを配偶者にもっている方からお聞きすることに共通する、密室・下の人間(=配偶者や子ども)、この条件がそろうと辛辣な発言(=暴言)をアスペルガーである配偶者がするところ、社会からの不可視性からくる社会から理解されないこととつながるんだとも認識できます。その辛辣な発言とはモラルとはかけ離れたものでもあります。アスペルガーである発言者の社会における立場とのかい離に我々の立場の人間がそのギャップに接することができる点がわれわれのフラストレーションを招くということも確認できました。

ブログ管理人、あ~あはここのところ参加できていなかったので、皆さんのお話で共通する点への共感度が高く、失礼いたしました。また、次に参加させていただける日を楽しみにしています。このつらさや困り具合を話せ、理解していただけるのはありがたいです。



↓このアドレスが、会で話していたアスペルガーとサイコパスの記事です。
'発達障害児の療育ブログ'内
http://ryoiku.mamagoto.com/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/psychopath


ご参加くださった方々
この内容でお気づきの点や削除をご希望の場合、コメント欄にその旨お書きください。
[PR]
by aaa-ruicchi | 2015-04-04 16:30 | ご参加へのお礼とご報告