☆偶数月第一土曜に語り合いの会をもっています☆


by あ~あ

2014年5月2日の講演会がおかげさまで終了しました

今日ご参加くださった皆様
せつこ先生
他自助グループ団体の皆様
井戸端掲示板をご覧になっておられる皆様
この講演会を気にしてくださった皆様
にじいろの発起人、るいっちさん


こんばんは。
今日は皆様のおかげで充実した講演会&語り合いになりました。
私にとって、なかなかできない自己肯定の手立てになる皆さんとの交流はありがたかったです。
お忙しい中、お時間を取ってくださり、ありがとうございました。
いたらなかった点、あったと思います。ご指摘いただけましたら、ありがたいです。



他自助グループの皆様
私からの一方的なお願いに、応じてくださり、情報との拡散など、ありがとうございました。
これを機ににじいろもFACEBOOKを作ってみました。
これからも、お付き合いくださいますよう、よろしくお願いします。




個人的に得られたものですが、
‘チャレンジャー’という言葉です。私たちの立場はこの講演会にたどり続けるまでずっとASD配偶者との関係でチャレンジし続けていたということです。それ以外でチャレンジしたほうがずっと有意義な人生ではありますね。(それだけ、ASD配偶者との関係は大変だという意味です)
確かに、男性がアスペルガーである可能性が高く(女性との比は4倍)、その配偶者が女性であることになります。そうなると、ジェンダーロールとして、お世話する妻・母役をこなすことが要求されます。ここまではどこにでもある話です。しかし、ここからが違います。ASD夫の普通は必要のないお世話をし、その尻拭いまでし、そのうえそれらを邪魔される・・・。しかも、普通のジェンダーロールをこなしていると、邪魔をしてくる・・・。父親という自覚がないため、父役割も私たちの立場がこなす、しかもそれを邪魔してくる・・・。おまけに心無い言葉で傷つけてくるし、状況がわかっていないのに、偉そうに命令して、結果はトホホ・・・。こんなことの繰り返しです。これを全部こなしているって、確かにチャレンジャーですね。


こういった講演会でのお話を聞かせていただきながら、同じ立場の方々と共感しあいながら、気づくことができ、自分を取り戻しているという実感があります。
皆様、ありがとうございました。


にじいろブログ管理人
あ~あ
[PR]
by aaa-ruicchi | 2014-05-02 21:04 | ご参加へのお礼とご報告