ツナさんの最新刊と、サイン会

情報をいただきましたので、皆さんとシェアさせていただきます。
サイン会はにじいろの語り合いと重なります。
語り合いの申し込みが早く締め切ったため、お申し込みできなかった方々、ツナさんのサイン会(会場は難波)にいらしてはいかがでしょうか。

以下コピペです。



野波ツナさん最新刊発売中です!

「旦那(アキラ)さんはアスペルガーみつけよう笑顔のヒント」

「大人の発達障害」について、

一番近くにいる妻だからこそ描けた大人気コミックエッセイ第7弾。

今回のテーマは

「カサンドラ妻が、アスペルガーの夫と生きていく方法」です。

野波ツナさんより

「妻だけが一方的に頑張ることになるのではなく、

 夫のアスペルガーと上手につきあっていける方法があるなら知りたい。

 そんな気持ちからワークショップを開催し、

 カサンドラ仲間の皆さんと考えてみました。

 どうぞよろしくお願いします」

【主な内容】

1章 変わらない旦那(アキラ)さん

2章 入り口に立とう〜ワークショップ前編

3章 変えられること〜ワークショップ後編

Dr.宮尾益知のもっと知りたいアスペルガー症候群

●カサンドラ状態にはまる前にツナ度チェック

●ワークショップを終えて〜滝口のぞみ&野波ツナ

●わかってほしいカサンドラ仲間たちの声

★ためし読みができます!

コスミック出版特設ページ

http://www.cosmicpub.com/user_data/160509.php

★全国書店、Amazonなどネット書店でお求めいただけます

旦那(アキラ)さんはアスペルガー みつけよう笑顔のヒント

著者/野波ツナ 監修/宮尾益知 解説/滝口のぞみ

発行/コスミック出版

本体価格1,000円+税



なおツナ先生ブログでも紹介しておりますが、

6月4日に大阪市内でのサイン会を予定しております。


[PR]

お詫び;カサンドラに対する嫌がらせの事例の投稿

お詫びがあり、投稿いたします。

現在、カサンドラに対する嫌がらせの事例に関する投稿二件が読めない状態です。
事例としては、証拠として形になっており、その上カサンドラに対する嫌がらせとして、
特徴的でもあるため、現物を元に分析し文章にし投稿していましたが、

以下のようなコメント(=削除要求、訴えるとのご予定)が入り、
とりあえず投稿はこのブログ上で読めない状態にいたしました。

この投稿を読みにいらした方々には、申し訳なく思います。
ここにお詫びいたします。



















続く以下の訴えるぞコメントに、三点事実と異なる点があるので申し伝えます。
「事実無根」、「根拠なく」、「誹謗中傷」の言葉です。
疑問点があります。
Q.本当に○○大学が総意(公文書)としてこのコメントを送っていたのか?なりすましの可能性があるのではないか?
→本当かどうかを確認する電話ができない(=○○大学との96年編入学入試面接から現在に至るまでの経緯からも不快感と怒りが増すだけでメニエルの症状悪化や血圧上昇が明らか)ため、この点は確認できずの状態のため、疑問点とする
Q.本当に○○大学のこの部署が送ってきたとしたら、実名が書かれている本人への聞き取り調査はしたのか?
・・・していないのなら、職務怠慢。したのなら、虚偽の回答を教職員であることを根拠に信じている。あるいは、今までの対応どおり組織ぐるみの隠蔽。
Q.本当に○○大学が送ってきたとしたら、投稿している本人を○○大学は特定できているの(すでにこの嫌がらせコメントについてハラスメント窓口&学長宛にも訴えている 訴えは実名で連絡先も明記し既にした)に、どうしてブログに非公開コメントの手法をとるのか?
…一連のハラスメント隠蔽はいつも閉鎖された密室で行われた(A棟1階の狭い部屋に職員に押し込まれて、「関西大学のせいでなく私のせい」とペンを持たされ、事実無根で根拠のないことを書かされた、またハラスメントに耐えられず大学院退学を指導教官に伝えると、A棟の研究室で「ここであったことは言うなよ!言うたらあんたがおかしいと思われる!潰されるぞ!」と怒鳴り付けられた等など)ため、このコメントが○○大学でされた多くの恫喝口封じのパターンに則っていることからも○○大学のである可能性が高い。
Q.○○大学のコメントだと仮定したら、名誉棄損で訴えるとは、'事実'を公にされたことに対しての行為であるが、96年のハラスメント面接から今まで事実として学長に至るまで認めず、嫌がらせと脅し隠ぺいを続けてきたのに、
どうしてここで事実と認めるのか?
認めたのなら、謝罪し、補償補てんの責任を果たすべき。
Q.○○大学のコメントと仮定し、名誉を守りたいのであれば、世間からの印象よくしておきたいのであれば、
名誉ある教育実践ができる公共心のある(=犯罪しない)教職員を雇用すること、
このような起こってはいけないことを○○大学の大量の教職員が起こした場合、
○○大学の名のもと名誉をもって法令遵守&教育倫理から責任ある対応ができる、
それが名誉ある教職員とそれを形成する名誉ある公共性の高い高等教育機関ではないのか?
・・・被害者に対して訴えるとか潰されるとか加害者が脅すのではなく、きちんと実名をあげている副学長に聞き取りし、事実を確認し、警察につきだすのが、職員として以前に人として名誉ある行動であるが、副学長として、木谷○市の肩書を根拠に無条件に崇めているような教職員が大量に存在し、このような文章を送って来るような大学に対して、教壇に立つことで得たお金で学費を払ったかと思うと情けない。この公開にしていることを脅して削除を求めている木谷晋○からの嫌がらせコメント以前に、ハラスメント窓口と学長に96年からの○○大学の大量の教職員によるハラスメントを訴え、認め謝罪し補償補てんを求めたが、無視。あるいはハラスメント窓口経由でやっとハラスメントの委員会にハラスメントの事実が行ったが、委員会の仕事でないと突き返された。この結果をハラスメント窓口に報告しても無視。
木谷❎市の行為を隠蔽することは充分に犯罪だそうです。
Q.○○大学のコメントの場合、印象は中身(=日々の教育実践;もちろんハラスメントや被害者を脅しての隠ぺい、教職員の立場で個人情報の私的流用は論外)が伴うべきものではないのか?
Q.コメント内、’承認する’のアイコンは何か?
Q.異文化間教育学会への発表は受け付けられていたのに、急にお断りのご連絡をいただいたが、関西大学の圧力か?今まで何度か同様の学会発表はしているが、嫌がらせコメントを事例に扱う今回のみ、受け付けられないのは、なぜか?
弁護士さんにお聞きしたが、伏せ字など使った場合は訴えられるような内容ではなく、学会発表は問題なしとのご返答。
以前にも関西大学のカウンセラーが、外でしているカウンセリングも、同じように、予約確定後、急にお断りのご連絡をいただいたが、これも関西大学の圧力かと疑ってしまう。


*96年から続いているこの類のふつうの教育機関ではありえないはずの大量の教職員によるハラスメントの一環で、
カサンドラに対する嫌がらせが起こりました。
*また、この件は直接にじいろとは関係ありません。カサンドラへのバッシングの特徴(アスペルガー、カサンドラへの無知と無理解、女性蔑視と障がい者差別、女性蔑視には家父長制に基づく本質が抜け落ちたジェンダーノームへの思い込みで相対するものにもみ
要求)が顕著なので、カサンドラの皆さんがよくご覧になるであろう媒体であるからです
*このコメントを受け取ったハラスメント&嫌がらせコメントを送りつけられた被害者本人は、怒りのため、メニエルの症状が出、高血圧の持病がありますが、いつも以上に血圧が上がりました。
それ以前に、'○○大学で受けたハラスメントを原因'とするフラッシュバックに悩まされています(診断済、受診中)し、子どもに出ている二次被害の対応で忙しく、関西大学を訴える時間がありませんが、
関西大学は個人情報を握り、単位や学位といった人質を元に延々と大量の教職員で寄ってたかって嫌がらせをし、握りつぶし、恐怖心をあおる、等ができる人手があっていいですね。少し思い出せただけ、ちょっと手元に残せただけをちょっと書いただけで、この反応です。もちろん、別媒体のものはプロバイダーが圧力をかけられたからか、アクセスできなくなりました。こうやって残していかないと隠蔽のスピードは大量に教職員がいるため、これだけ酷いことを長期間延々とされ続けるのは、○○大学が犯罪を犯していると認識しました(最下の嫌がらせコメントは完全に犯罪だと、専門家のご意見です。ですから、握りつぶそうと、「訴える」との強迫して隠蔽したいのでしょうか?単に犯人隠匿の罪を重ねていいるだけではないでしょうか?それより多くの学生の親が捻出した学費や国家予算からも配分された税金で給料もらって、大量の教職員でよってたかってハラスメント、脅して隠蔽等という弱いものいじめを延々と続けるより、本来の仕事してはいかがでしょうか。

**カサンドラ問題だけでなく、背景が複雑で、ハラスメントの要素もあることから、このブログにすべてが合致する内容でないこともお詫びいたします。


****以下いただいたコメント(上に書いた疑問をお読みの上、お読みください)*****
本物の場合、公文書のため、公開は名誉毀損に当たらない
偽物の場合、送信主とされる高等教育機関の該当部署は、なりすましの犯人を探し訴えることができる

コメント
Commented by 学校法人関西大学 総務局総務課 at 2016-05-19 19:21 x
貴殿が作成されているブログに、本学教職員の実名を記して事実無根の内容を掲載されています。
http://aaaruicchi.exblog.jp/21951914
http://aaaruicchi.exblog.jp/i18/
http://aaaruicchi.exblog.jp/22620529/
本学を根拠なく誹謗中傷、名誉を毀損する内容の記載があり、本学の印象を著しく傷つけています。
つきましては、速やかな書込み内容の削除を請求します。
なお、本学の要請が受け入れられない場合、プロバイダ責任制限法第4条に基づき、発信者情報の開示請求を行い、貴殿に対して法的措置を行う予定でありますことを申し添えます

以上が○○大学から非公開で送られてきたコメントです。
以下が削除を求めているページ中、現物のコメントです。
このやり取りは実物なので問題ないかと思います。

○○大学ハラスメント

一事例:ブログへの書き込み(これに至るまで96年の入試面接から大量の教職員によるハラスメントを受け続けたが、それを脅しで黙らされ、家族を含む二次被害の現状)

木○晋市としか思えないコメントを以下に

それ以外小田○敏と○越敏行と岡本○和としか思えないコメントも書き込まれたが、消されている

木谷○市、小○原敏の二者とも延々と名前を変えながら女性のジェンダーロールを小馬鹿に、学生の本分が性別を理由に認めず、嫌がらせを続けている点は共通する

小○原敏のコメントは、いまだに言っているから始まり、まったくの他人事で表面上、ジェンダーロールを果たしていない点をおちょくるが、実際の水面下の大変さは見ずでカサンドラにとってはダメージが大きい。

水越○行のは○○大学から訴えられるとの脅しと、ハラスメント被害者は仮名であることと自分の名前が出されていることにご立腹の内容


⇒四者とも給料を得ての立場での発言なので、書いていること

給料を得て知ったことなら、個人情報保護の立場や教育倫理から名前を書かない

(今まで学ぶ立場、教職員の立場、産まれてからずっとその個人的な関係の立場であり続けてもきたが、ハラスメントを含め、このような個人情報の使われ方は初めて;だから、犯罪なのか)

また、ハラスメント被害者の本名・子どもの名前・夫の名前がこのブログのコメント欄に何度か書き込まれている

下のコメントは、不当な手段で非公開FBグループに入り込み入手した情報を誇示し、弱者を面白おかしく馬鹿にしている点は特記できる。

*********************************

10/0410/15+11/11

離婚するのがよいでしょう削除

2015/10/4() 午後 6:50[ BU ]<<コメントに返信する

顔アイコン

> BUさん

コメントありがとうございます。

すみません、ちょっとコメントの意味が投稿と離れているので、理解できませんでした。DV夫である関西大学と離婚という意味ですか?削除

2015/10/5() 午前 0:46[ ハラスメント被害者]<<コメントに返信する

.

顔アイコン

結婚相手とは離婚したほうがよいですね

今までの投稿一連のことです削除

2015/10/5() 午前 8:43[ BU ]<<コメントに返信する

.

顔アイコン

あなたの存在が腹立つ。あなたが悪い。あなたが原因。

そういう人です。

離婚しましょう。削除

2015/10/7() 午後 10:57[ BU ]<<コメントに返信する

.

顔アイコン

> BUさん

コメント二つありがとうございます。削除

2015/10/8() 午前 8:37[ ハラスメント被害者 ]<<コメントに返信する

.

顔アイコン

> BUさん

ところで、存在が腹立つ、悪い、原因

に関しての投稿はしていないと記憶していますが削除

2015/10/8() 午後 9:58[ ハラスメント被害者 ]<<コメントに返信する

.

顔アイコン

どこかでお書きになっているんでしょうね削除

2015/10/9() 午後 2:30[ BU ]<<コメントに返信する

.

顔アイコン

> BUさん

???

関西大学の教職員の方ですか?削除

2015/10/9() 午後 11:33[ ハラスメント被害者 ]<<コメントに返信する

.

顔アイコン

> BUさん

どこに書いたかわかりませんが、関西大学で受けたハラスメントに関しては、セクハラを前面に出して、ハラスメント窓口に訴えたら、それなりの対応があるであろうと、弁護士さんのアドバイスもありましたが、そこは関西大学、普通の常識では考えられない対応が関西大学からありました。もし、BUさんが関西大学の職員の方でしたら、アドバイスいただけませんか。削除

2015/10/9() 午後 11:53[ ハラスメント被害者 ]<<コメントに返信する

.

顔アイコン

夫からの発言

「●●●の存在が腹立つ!」、「●●●を黙らそうとしてるだけ!」、「●●●の発言が腹立つ!」「●●●が原因!」

離婚しましょう削除

2015/10/10() 午前 8:25[ BU ]<<コメントに返信する

.

顔アイコン

> BUさん

やっぱり、関西大学の教職員の方ですね。

関西大学の起こしているハラスメントをどのようにお考えでしょうか?

これも関西大学による嫌がらせと認識してよろしいですね。削除

2015/10/10() 午後 11:56[ ハラスメント被害者 ]<<コメントに返信する

.

顔アイコン

大変だと、思います。どうお声をかければいいのか、・・・。少しでも何かが好転することを、お祈りしています。だけど、リコーン!しかないね!かとうさんも、夫さんも、あなたの敵です!実家の父も、おばも、関大教員と事務員も、みんな。あほな神沼恵美子!そう思っているのはあなただけ!あなたこそが発達障害!削除

2015/10/11() 午前 10:49[ BC ]<<コメントに返信する

.

> BCさん

コメントありがとうございます。

一度お礼を書いたのですが、コメントを消されてしまっています。

あのう、私が書きたいその内容をご理解いただけていないことが気になります。

また、発達障害と決めつけることは、私だけでなく、発達障がいの方に対しても問題です。削除

2015/10/12() 午後 5:14[ ハラスメント被害者 ]<<コメントに返信する

.

> BCさん

コメントに誤解があってはいけないので、はっきりお伝えします。

このブログに書いていない内容へのコメントをなさっています。

解釈の問題ではありません。削除

2015/10/13() 午前 7:36[ ハラスメント被害者 ]<<コメントに返信する

.

> BCさん

質問です。

どうして、その人たちが上沼恵美子さんとつながるのですか?そのような内容は書いていません。

敵という単語も使っていません。

カトウマキコさんもそうですが、どうして、タケウチトシミさんは書かれていません。

どうしてですか?削除

2015/10/14() 午前 5:42[ ハラスメント被害者 ]<<コメントに返信する

.

> BCさん

質問です。

どうして、その人たちが上沼恵美子さんとつながるのですか?そのような内容は書いていません。

敵という単語も使っていません。

カトウマキコさんもそうですが、どうして、タケウチトシミさんは書かれていません。

どうしてですか?削除

発達障害の人に失礼って、よく言うよね。夫に対して発達障害とか、三つ組みの障害とか、言いまくってるくせに。

失礼なのはそっちだよ。自分を何だと思ってんの?自分の頭がおかしくなってることに気づいてないんだろうね。おかしい人には分かるはずもない。自分の障害を診察してもらったほうがいいよ。ただしカサンドラではないよ。

カサンドラのfacebookで愚痴を言いたい放題だよね。

分かってるふりとか、思いやりを持ってるふりとかしても、本当の姿はこっちにはお見通しだよ。

婚姻契約を交わしている夫とは離婚しましょう!それしかないよ。あなたは単なるヒモ!夫のお金がないと生きていけない!なさけない女!削除

2015/10/14() 午後 9:54[ JN ]<<コメントに返信する

顔アイコン

> JNさん

コメントありがとうございます。

お言葉ですが、専門家のご意見もいただいておりますので、ご心配なく。また、カサンドラは一般的には専門用語ではありませんので、そのような診断が下ることは稀です。

関西大学でハラスメントを受けていたころからずっと受けております。関西大学のスクールカウンセラーの方にお話したことは次のハラスメントを作りだすために働きましたが、きちんとしたところで受けています。そういえば、最近、関西大学でスクールカウンセラーをなさっておられる方に、関西大学で受けたハラスメントを相談したいとお願いしたら、日にちが確定していたにもかかわらず、すぐに言い訳を作りだして、お断りのお電話をいただきました。関西大学の握力はすごいですね。削除

2015/10/14() 午後 11:27[ ハラスメント被害者 ]<<コメントに返信する

.

顔アイコン

JNさん

専門家によると、共感する必要や知る必要があるとのことです。

ところで、三つ組みの障がいと言うことのどこが失礼なのでしょうか?

アスペルガーを説明するために一般的に使われている用語です。

決めつけることが失礼だと言っているのですが、わかっていただけないんですね。

ところで、アスペルガーや発達障がいやカサンドラについてはこのブログに投稿しておりませんので、今後この方面のご投稿をいただきました場合は、予告なしに削除させていただきます。削除

2015/10/14() 午後 11:31[ ハラスメント被害者 ]<<コメントに返信する

.

あなたは夫を幸せにできぬどころか女版ヒモになり果ててる!

時間つぶしに受験して遊んでるに過ぎない!目標でもなんでもない!

リコン!しましょう!削除

2015/10/12() 午前 9:33 [ BK ] <<コメントに返信する

> BKさん

コメントありがとうございます。削除

2015/10/12() 午後 11:48 [ ハラスメント被害者 ] <<コメントに返信する

.

> BKさん

木谷晋市先生ですか?

以前ハラスメントを先生から受けたパターンと酷似しています。

私が置かれている負の状態を作り出したのは自分サイドなのに、古いジェンダーロールを引っ張り出してきて、レッテル貼して、全否定。

大変懐かしいです。こんなイッシキヒックウは関西大学以外でお目にかかれません。削除

2015/10/13() 午前 7:43 [ ハラスメント被害者 ] <<コメントに返信する

.

全否定はここでは言い過ぎでしたね。でも同じレベルまで降りる必要はありませんでした。関西大学に合わせる必要もないのですし。削除

2015/10/13() 午後 2:00 [ ハラスメント被害者 ] <<コメントに返信する

.

顔アイコン

離婚しましょう 削除

2015/10/13() 午後 8:32 [ BN ] <<コメントに返信する

.

> BNさん

今きちんとした人としてまともな人の集まりで、この一連の御発言、人の個人的な選択に上から断言が、大問題になっています。

一人の専門家がその立場上、面倒見るべき対象者に放った暴言で、被害者はお二人です。外部の専門家のご助言があり発覚しました。

関西大学を反面教師として、適切な対応ができました。

続く 削除

2015/10/14() 午前 5:14 [ ハラスメント被害者 ] <<コメントに返信する

.

> BNさん

今きちんとした人としてまともな人の集まりで、この一連の御発言、人の個人的な選択に上から断言が、大問題になっています。

一人の専門家がその立場上、面倒見るべき対象者に放った暴言で、被害者はお二人です。外部の専門家のご助言があり発覚しました。

関西大学を反面教師として、適切な対応ができました。

続く 削除

2015/10/14() 午前 5:14 [ ハラスメント被害者 ] <<コメントに返信する

.

> BNさん

被害者さんのその後も確認できましたが、加害者と被害者さんにすぐに対応したこと、関係あるであろうかたがたに公にしたこと、これらは関西大学がしたことを反面教師として参考にどうしたら、全体が心地よく過ごせるか、被害者さんの傷が悪化しないかを考えての対応をしました。続く削除

2015/10/14() 午前 5:21 [ ハラスメント被害者 ] <<コメントに返信する

.

> BNさん

被害者さんのその後も確認できましたが、加害者と被害者さんにすぐに対応したこと、関係あるであろうかたがたに公にしたこと、これらは関西大学がしたことを反面教師として参考にどうしたら、全体が心地よく過ごせるか、被害者さんの傷が悪化しないかを考えての対応をしました。続く削除

2015/10/14() 午前 5:21 [ ハラスメント被害者 ] <<コメントに返信する

.

> BNさん

ずっとこのコメントを書き続けていらっしゃいますが、…

ひとを踏みにじることをしている実感はおありではないようですね。

また、今までの経緯から、いろんな背景をからも、…

決めつけやレッテル貼、関西大学が反面教師になっています。

それ以前に、…

勉強になります。削除

2015/10/14() 午前 5:27 [ ハラスメント被害者 ] <<コメントに返信する

.

> BNさん

ずっとこのコメントを書き続けていらっしゃいますが、…

ひとを踏みにじることをしている実感はおありではないようですね。

また、今までの経緯から、いろんな背景をからも、…

決めつけやレッテル貼、関西大学が反面教師になっています。

それ以前に、…

勉強になります。削除

2015/10/14() 午前 5:27 [ ハラスメント被害者 ] <<コメントに返信する

↑被害者の方はとりあえず、大丈夫とのことです

こちらとしては謝罪していないことが気がかりです

断言できるのは、関西大学とは大きく異なり、認めていること、名乗り出てお話していただきたい(そのうえでこちらから’直接’謝罪もしたい)とお声がけしていること、謝罪していること、公にしていることで、関西大学よりずっとましというだけです。被害者の方にとっては、最悪の経験をしたというだけだと思います。決して完ぺきではありませんが、関西大学よりましです。最悪の指標があるのは指標がないよりずっとましですね。その最悪の指標でいまだに私は苦しんでいますが。

> JNさん

関西大学が滑稽にひれ伏す帝大の心理と医学からも、私の言っていることは肯定的に受け取られていますので、ご心配なく。これを言わないと関西大学が納得していただけないので、こちらもこんなことを言うのは恥ずかしいですが、書きました。削除

2015/10/15() 午後 1:23 [ ハラスメント被害者 ] <<コメントに返信する

...

顔アイコン

> QQさん

外に漏れているって、外に関西大学の木谷っていう奴がおる大先生が漏らしているってことでしょうか?削除

2015/11/11() 午前 2:27 [ ハラスメント被害者 ] 返信する

10/1510/16(上の塊のコメントのコピペでアップ後いただいたコメント)

強権発動か。こんなブログを書いてる人間だからどうしようもないクズだね。フェイスブックはサクラだらけだよ。日ごろから発言してる輩も実はサクラ。それくらい分かってる?そこで書かれたことは筒抜けだから。そこであんたたちが配偶者を発達障害呼ばわりしてることは外に漏れてるし、お前さんを含むほかの人たちの正体も知れてるよ。妻を見れば夫が分かる。お前さんのレベルからして夫は大したことのない陳腐な人間だね。削除

2015/10/15() 午後 11:29 [ QQ ] <<コメントに返信する

顔アイコン

> QQさん

筒抜けというのは、関西大学に筒抜けということですね。

この関西大学に関して、木谷先生であることに関してのお答えがありませんね。削除

2015/10/16() 午前 1:32 [ ハラスメント被害者 ] <<コメントに返信する

.

顔アイコン

> QQさん

’さくら’と’あんたたちがうんぬん’に矛盾があります削除

2015/10/16() 午前 1:51 [ ハラスメント被害者 ] <<コメントに返信する

.

顔アイコン

> QQさん

自分たちがしたことがこのように悪影響というか害をもたらしていることに、ほんの少しでも罪悪感はないのでしょうか?削除

2015/10/16() 午前 1:55 [ ハラスメント被害者 ] <<コメントに返信する

.

顔アイコン

> QQさん

この脅しというか、恐怖心をあおっての管理は、関西大学のお家芸ですね。

これって、教育からかけ離れています。削除








[PR]

ラウンドテーブル発表(英語)@多文化関係学会申込み、書きかけ

多文化関係学会のラウンドテーブル(英語)に申し込んでみます。


たびたびすみません😢⤵⤵

変なコメントが入り、一週間分の時間が消耗されてしまい、間に合いそうにありません。英語での文章はこれから、ゆっくりこのページで続けていきますので、おつきあい、お願いいたします。5/28

内容は以下の通りで、既に14年に発表したもので、このブログにアップしたものに手を加えたものです。

これから英語での発表準備をします。お付き合いいただければありがたいです。


***************************

1411月多文化関係学会のポスターセッション

多文化関係学会@コラッセ福島(福島大学)


カサンドラ症候群

―多文化関係の視点とその不可視性から―


Cassandra Affective Deprivation Disorder:

Perspective of Multicultural Relations andInvisibility


<要旨>

多文化の文化の一つには障がいも含まれるという(松尾, 2013)。

アスペルガー(=非定型)という障がいがあり、その基本的な特徴は、社会性の障がい・コミュニケーションの障がい・想像力と創造性の障がい、の三つ組といわれるものである。自閉症スペクトラムのなかでも知的には問題なく、むしろ優れたケースが歴史的にも知られている。

この文脈で障がいという意味ではマイノリティのはずであるが、学歴や職歴および収入の意味でマジョリティのケースも多くみられ、‘…お父さんは高学歴高収入で生活は恵まれている、それなのにお母さんはすごく疲れているという…’と指摘されている(宮尾, 2014)。

加えて、家庭内という不可視性の高い個人の領域では本人が無自覚に家族を振り回しているケースが多く存在し(Aston, 2014)、この点でもマジョリティである。

アスペルガーを配偶者にもつことにより、カサンドラ症候群に陥ってしまう定型(=アスペルガーでない)配偶者はアスペルガーが属する自閉文化(長瀬, 2013)と定型配偶者が属する自文化の間で振り回されてしまう立場であり、そのカップルを取り巻くマジョリティ文化は定型配偶者の属する自文化であるという複雑なものである。

カサンドラ症候群が認識されないのは、その立場が認知されにくいことにも原因がある。それは、アスペルガーという障がいが認識され始めたのが近年でその主な対象者は年少であることがまず一つ考えられる。カサンドラ症候群に陥ってしまう人はアスペルガーを配偶者にもつことにより引き起こされる心身の不調である(Aston, 2014)ため、すでに成人しているアスペルガーが認識されていない現在において、仕事ができているように見える場合、カサンドラ症候群に目が向かうことは一般的に難しく、ジェンダーロールに則った定型配偶者が抱え込んでしまう個人的な領域に押し込まれてしまっているのが現状である。ブログとインタビューを通して、定型配偶者にとっての同じ立場の人とつながる自助グループの意義、不可視性の高い立場の困難とその状況下での独自の対応がうかがえる。

キーワード:多文化、障がい、アスペルガー(自閉症スペクトラム)、自閉文化(マイノリティ文化)

、自文化(ここではマジョリティ文化)、定型、カサンドラ症候群、ジェンダーロール


<背景>カサンドラ症候群とアスペルガー

アスペルガーの問題⇒⇒⇒定型配偶者⇒⇒⇒相談機関や相談した人にさらに傷つく

(マイノリティ文化)(マジョリティ文化)(マジョリティ文化)

文化が独特 ジェンダーロールに忠実ジェンダーロールと不可視性からくる無理解

⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓

カサンドラ症候群

低い自己評価、抑うつ、自己の損失、不安、自責、広場場恐怖などの恐怖症、

無気力感、リピドーの損失、偏頭痛、体重の増加/減少などの症状が配偶者に表れる(Aston

上の図から見えてくるもの

家庭内という個人の領域であるため、また明文化されていない日常生活であるため、社会から認識されづらい立場である。逆の視点では、より明文化されている社会生活(ここでは就業の意)は不自由ながらできているということである。

アスペルガーは近年では三歳児検診で発見されたり、学校教育の場で教員の指摘から発見されるケースもあり、より低年齢のケースは社会からも発見されている。しかし、すでに結婚している、働いている年齢はその社会制度から抜け落ちており、この年齢で仕事ができているケースでは診断もおりにくい。

省略


<方法>

調査対象者

・カサンドラ症候群を対象とした自助グループ、‘にじいろ’とそれに関わってきた/いく人物

・にじいろのブログ


<手続き> 

対象者へのインタビューはオープンクエスチョンで、時々の考えと、会の設立からの取り巻いてきた環境とその変化をみる、2014.09インタビュー実施

ブログは‘にじいろのあゆみ’、‘こんな会あります’を中心に閲覧、他コメント欄でのやり取りを通して


<インタビューとブログ>

省略


<結果>

にじいろがスタートした時点では、とにかく同じ経験を持っている人が会って話すことが目的であった。当初、アスペルガーを知ることにより、自分で自分を責め続けていたことが間違いであって、相手の障がいによる特徴が原因だと知ったことのショック、その配偶者の障がい自体を受け入れられない、そのような状態で参加した人も存在した(あ~あのこと)。カサンドラ症候群という言葉そのものもスタート時点では存在せず、配偶者がアスペルガーであると知っただけであった。

成人になっているアスペルガーに対する社会からの認識はまだまだで、その定型配偶者となると認識されることは難しい。認識しあえるというこの役割を担うにじいろを発起人が立ち上げるにあたっては「なければ自分で作る」、それ以外の方法はなかった。

現在は、その次!の状態、知る→受け入れる→そこから次!の段階にも対応できるような会のあり方を模索している段階である。現在まで参加者さんからよく聞かれる言葉は「通じる!」であり、それはこの語っているお二人も同様の発言がみられる。同じ経験を有し否定されることなく共感できる場を得ることから、発言力をもつことができると感じられる。

にじいろとしても、吐き出して共感する段階も維持しながら、次の段階へ移行する時期だと考えられている。発信とつながり、次のライフステージへの転換へのお手伝い、次世代(=子ども)へのケア、などの役割が考えられる。


<考察>

この問題に直面している人の人数が少ない上、不可視性の高い個人の領域で起こっている問題であるため、周りから理解される機会がほぼ皆無の状況に置かれている。当事者が客観視することが難しく、当事者である定型配偶者に落ち度もないにもかかわらず、自分で自分を責め続けて否定し続けているため、問題解決に結び付きにくい点がみられる。身体的精神的にも不調をきたしている。

にじいろに関しては、先例がほとんどない条件でスタートしたため、日米の他目的の自助グループの事例を参考に、トラブル乗り越えるプロセスでルールが出来上がってき、カサンドラ症候群の自助グループとして、定着してきている。また、この置かれている状況を客観視するためにはハラスメントや異文化接触におけるトラブルの事例から学ぶ必要も考えられ、日本のような性別役割が明確な社会ではジェンダーの問題も大きいと考えられる。ここでいうジェンダーとは、社会構造も含んでいる。片方に収入を依存し、もう片方に家事育児を依存するのはアスペルガーの場合、家庭内の機能が働かない場合も多く、社会からのロールの押しつけはこの状況を悪化させているケースも存在する。

参加者さんは自助グループに参加することで共感を得、気づくことで発言力を増していき、自分自身の人生を取り戻すことにつながっていくと感じられる。

今後、カサンドラ症候群という立ち位置から、同じように文化の異なることに起因する問題に共通点をみつけ、共感からくる客観視、より強い発言力につなげられるのではないかと考えられる。


<引用文献>

長瀬修(2013).多文化共生論 多様性理解のためのヒントとレッスン 加賀美常美代(編) 明石書店 pp.221-245

野波ツナ・宮尾益知(監修)(2014.旦那(アキラ)さんはアスペルガー 4年目の自立!? コスミック出版

松尾知明(編)(2013). 多文化教育をデザインする 移民時代のモデル構築 勁草書店 


<参考文献>

Aston, Maxine (2014) . The Other Half of Asperger Syndrome - Autism Spectrum Disorder: AGuide to Living in an Intimate Relationship with a Partner who is on the AutismSpectrum. Jessica Kingsley Pub.


<引用URL

にじいろ

『アスペルガーを配偶者にもつ人の自助グループ,'にじいろ'-カサンドラ症候群で悩む方へ』

http://aaaruicchi.exblog.jp2014.11.08


[PR]

アスペルガーって?

アスペルガーの特徴についてまとめてあります

よろしければご参考に

ずいぶん以前に教えていただいた情報なので、

ちょっと古くなっていますが、とっかかかりの情報としては充分です。

(現在では、医学・心理学共に「自閉症スペクトラム」という言葉が使われていますが、にじいろではこのまま「アスペルガー」を使い続けることにしています)


http://asperger.thanks08.com/




ついでに、
www.autism.jp



など、ネットで一般的な知識を得ることができます。




ついでのついでに、アスペルガーかどうかのチェックはこちら

パートナーに成り代わって、あるいはご自身のこととして、簡単なチェックです。

http://asperger.nerim.info/diagnose/test.html


[PR]

フルリールカレッジ

神奈川のフルリールさんからメールをいただきました。
よろしければ、ご参加ください。

あ~あ




> > 今日はお願いがありましてメールを差し上げました。
> >
> > 5月1日に第5回フルリールカレッジを開催いたします。
> > http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/blog-entry-114.html
> > < http://fleurirkanagawa.blog.fc2.com/blog-entry-114.html>
> >
> > よろしければに貴会のブログでご紹介していただけると大変ありがたいです。

[PR]