8月1日講演会:臨床心理士さんをお招きしての講演会part4.

42/54
********************
受付中
募集:2015年8月1日(土)午前、
臨床心理士さんをお招きしての講演会part4.
(先着順受付)



カサンドラ愛情剥奪症候群の方(=アスペルガーを配偶者にもち、疲れ果てている方)、
先生のお話を聴いて、日頃の大変なことを同じ経験をしている人と話してみませんか?
ご参加お申込みお待ちしています。

テーマは
「カサンドラ状態の妻たち 
〜夫と分かり合えない孤独〜」
です

一昨年9月と昨年3月・5月のにじいろの講演会でお話しして下さった、
臨床心理士のせつこ先生に今回もお願いしました。



★対象★
アスペルガーを配偶者にもち、ご本人はアスペルガーでない方(診断・未診断は問いません)

★日時★
8月1日土曜日10:00~11:45

★会場★
ココプラザ(大阪市立青少年センター)5階
http://www.kokoplaza.net/access.html
・JR京都線「新大阪駅」下車、東口(南側)より徒歩約5分。
・地下鉄御堂筋線「新大阪駅」下車、中改札より徒歩約10分。
JR新大阪駅の東出口の改札を出て、左へ進むと東口があります。
(※地下鉄をご利用の方:地下鉄 新大阪駅の中改札を出て、JR方向へ進み、JR新大阪駅の東口に出てください。)
東口の階段を降り、外に出ると、広場があります。
東口を出てすぐの横断歩道を渡り、左に進むと、コンビニエンスストアがあるので、そのまま通り過ぎ、直進すると角に寿司屋があります。
その角を右に曲がり、そのまま200mほど直進すると、左手にKOKO PLAZAが見えます。
(ココプラザHPよりコピペ)

新大阪駅近くなので、便利です。

○会場はお借りしているだけなので、連絡はにじいろまでお願いします


★参加費★
1000円

★お申し込み★
以下の5点をお書きになり、下記のメール宛にお申し込みください
①お名前←この場で呼ばれたい名前をお書きください
ちなみに私はあ~あです。このほうが話しやすいと思われますし、個人情報保護につながります。
②連絡先←お送りいただくメールアドレスなど、急な連絡のためのみにつかいます
③簡単な自己紹介←アスペルガーを配偶者にもっていることとのかかわりをお書きください
ちなみに私は2008年にアスペルガーを知りました。アスペ夫に振り回され、疲れ果てています
④臨床心理士の先生への相談・質問等:
⑤初回か2回目以降か(講演会といつもの会から)

メールaaa-ruicchi@excite.co.jpでお申し込みください

○お子さん連れの方はご相談ください。年齢などお聞きしながら考えます。
(お申し込みの際、メールにお子さん連れのことや年齢・お預かりする場合の注意点などお書きください。)



★主催者★
井戸端会議にじいろ:2008年6月から、ASDを配偶者にもっている方の自助グループとして、活動しています
連絡先:http://aaaruicchi.exblog.jp/、aaa-ruicchi@excite.co.jp




***********************
別件ですが、
10月の語り合いの会は日程が不規則になっています。17日です。募集は8月1日午後5時にブログ上で行います。ご了承ください。

このブログページと同内容のチラシは下記の女性と関係のある機関に置いていただいています
大阪:ドーンセンター、YWCA、枚方市、クレオ
京都:ウィングス、YWCA、長岡京市
ほかお預かりいただいた市:尼崎市、京田辺市、高槻市
など
今日(7/2)は女性と直結しませんが、豊中市の機関(センチュウ駅前)にも置いていただきました
関係者の皆様、ありがとうございます。


■  [PR]

15年6月6日の会、お礼とご報告

昨日、いつもの会が開催されました。
ご参加くださった皆様、
ご関心をお寄せくださった皆様、
ありがとうございました。

ブログ管理人あ~あは参加できませんでしたが、るいっちさんからお電話で楽しかった良い会だったことをお聞きしています。
今回はお部屋を二つとれたので、2グループに分かれてのお話だったそうです。
共通点をみつけ、共感を得られる場であったとお聞きしました。

あ~あの個人的な視点からですが、やっぱり配偶者の立場だと、ジェンダーが入ってくると思わずにはいられません。配偶者ということは、結婚制度に巻き込まれていることが前提ですから。
日本の結婚制度や慣習は、男性が働いて当然、女性が家事・育児・介護をして当然、となっています。結婚が愛情(?適切な言葉が見つかりません、情?)だけでは成り立たないのは、現実としてあり得ます。男性のカサンドラの方があまりご参加なさらないのも、アスペルガーが男性に現れる傾向が8倍(諸説ありますが、どの説でも男性が多く、この点では生得的な原因)だけではなく、このジェンダー(社会構造などが原因)が影響しているように思われます。

また、この投稿前に、ご参加してくださった方々からお礼のコメントをいただき、ありがとうございます。「共感」、「癒された」など、私も同じように感じている言葉が入っていたので、ここでも共感できて、嬉しかったです。

私たちは、参加してくださっているカサンドラの方々と、同じ立場です。カサンドラのなんらかの専門家というわけではありません。素人の自助グループです。参加させていただくこと、こうやってブログを管理させていただくことで、共感を得、癒されています。

ありがとうございました。


ブログ管理人
あ~あ記



ご参考:
水無田気流『シングルマザーの貧困』2014.光文社
・シングルマザーの問題だけでなく、女性を取り巻く現状がデータとともに説明されている
・週刊誌、『アエラ』にも引用されている


☆8月1日午前の講演会は定員を多くとっていますので、この機会にどうぞ、ご参加ください。

夏休みでもあります。遠方からの方は、8月1日はPL花火の日です。ココプラザにユースホステル(ユースの中で人気上位です)もありますので、ここに宿をとって、お泊りでいらっしゃるのはいかがでしょう(笑)PL花火は大阪府富田林市ですが、USJなら同じ大阪市内です。


10月のいつもの語り合いの会は日程が不規則で、17日です。ご了承いただけますよう、お願いいたします。

■  [PR]

8月1日(土)語り合いのお誘い@新大阪ココプラザ

8月1日の午後の語り合いの会は受付了いたしました
お申し込みくださった方々、ありがとうございます。当日お目にかかれるのを楽しみにしています。
ご関心を寄せてくださった方々、ありがとうございます。
8月1日に関しましては、午前の講演会もあります。こちらは定員を大きくとっておりますので、受付中です。この機会にご参加ください。


また、急なキャンセルなど、お気になさらないでくださいね。
キャンセルはご連絡いただけたほうがありがたいですが、絶対ではありません。

この会、お問い合わせをいただいていて、決定のご連絡いただいていない方がいらっしゃいますが、その方の分は確保しております。どうぞご意思をご連絡ください。



***************************************************************
☆偶数月第一土曜に語り合いの会をもっています☆19/16


☆アスペルガーを配偶者にもち、その配偶者に振り回されて大変な思いをなさっておられる方、振り回されての大変さや周りに話しても理解が得られないその想いを同じ経験をしている人と話しませんか。

☆アスペルガーご本人の方(およびアスペルガー側のお立場でのご意見だけをお持ちの方)、この会は、普段アスペルガーを配偶者にもち大変な想いをしている方が対象の場です。ですから、ご本人がアスペルガーの場合、ご参加いただけません。話している内容は決してアスペルガーを否定することを目的としているわけではありません。束の間、アスペルガーである配偶者を客観的にみる時間・重荷を下ろす場として、この会を開催しています。誤解を受ける表現があるかもしれませんが、本意ではありません。その点、ご理解いただいたうえでお申込みいただければありがたいです。



******************************************
こんにちは。お誘いのための投稿です。このブログからのお誘いも36回目になりました。アスペルガーをパートナーにもつ方、ご都合がつけば、ご興味があれば、ご参加ください。アスペルガーのこと、カサンドラ症候群のこと、まだまだ理解されていません。アスペルガーであるパートナーのことで何か困っていませんか? 悩みを語り合いましょう。情報交換しましょう。どのように感じているか、正直になってみませんか。                                                                                                            ブログ管理人、あ~あ
***********************************



・日時:15年8月1日(土)午1時30分から一時間程度
   (実際はもっと長くなります)会場の予約は午後3時30分までです
・場所:大阪市青少年文化創造ステーション(ココプラザ)会場は当日1階掲示板でご確認ください    
大阪市営地下鉄新大阪駅・JR新大阪東口より徒歩5分、
    http://www.kokoplaza.net/
・参加費:500円(今年から変更しました)
・内容:語り合いアスペルガーをパートナーにもつことについての情報交換や気持ち(悩み)の吐露や共感カサンドラ症候群であることの大変さ
・対象:パートナーがアスペルガーだと考えている方(医療機関等での診断は問いません)で、アスペルガーをパートナーにもつことで困っている方
=カサンドラ愛情剥奪症候群になっている方(医学用語ではないため、医療機関でこの診断は下りません)
(参加ご希望者ご本人がアスペルガーである場合、会の主旨にあわないため、ご参加いただけません)
・問い合わせ&お申込み:参加ご希望の方(=’対象’の条件を満たしている方)、まずは、このブログのコメント欄にカサンドラであることとアスペルガーでないことをお書きの上、参加希望とお書きください。
同じコメント欄にお返事します。     
 カギ付き(=内緒)コメントの場合、内緒のお返事が必要な場合、内緒コメントで、メルアドなどの連絡先をお書きください。連絡先がない場合、コメントいただいた
日にちの後にお名前の最初の文字をつけて、同じコメント欄のいくつか下にお返事しますので、お読みください。
・本名以外のお名前をお使いください:この会では込み入ったプライバシーという内容が内容ですのでその方が話しやすいですし、個人情報保護につながると考えます。
乳児連れをご希望の方はその旨お書きください。幼児~(=片方の親が、もう片方の親の悪口を言っているように受け取る可能性があります)連れご希望の方も
ご相談ください。(まだ、お子さん連れのケースには完全には対応出来ていませんが、その都度、発起人と相談してお返事いたします。
→託児はすべての問題が完全に解決できていませんが、現在のところ自己責任において、お預かりする方向で動いています。保険をかける手立ては得ています。
まず、お問い合わせください。)



********************************************
オフ会のお誘いの場所にご注意くださいね。関西圏(大阪・神戸・京都)でオフ会の場所を探しています。今回は上にあるように新大阪のココプラザです。なるべくいろんな方に参加していただけるように考えています。簡単なお茶はこちらで準備します。


次の10月の会はまたブログ上で8月1日午後5時に募集します。
日程は不規則になっています。ご了承ください。

同じ日、8月1日の午前に講演会も開催します。こちらも同じブログ内のひとつ前のページで募集しています。お申込みお待ちしています。

■  [PR]

フェイスブック上でのグループご紹介

「カサンドラ愛情はく奪症候群の語りあい」
というグループが、フェイスブック上でできましたのでご紹介します。
同じ経験をしている人とつながりませんか。

このグループは我々と同じ立場の人が
自助グループにアクセスが困難な方々もつながれる、それが目的です。


簡単にご説明します。
目的は気軽に、必要な時に、つながれるというフェイスブックの利点を生かしてです。
もちろん、時間と場所を共有できるのが理想ですが、時間的な制約や距離の問題をクリアし、ジャストなタイミングでつながれるのが利点だと思われます。



完全版
FBグループ:‘カサンドラ愛情はく奪症候群の語りあい‘へのお誘い
Since 2015年5月


目的:カサンドラの方同士がリアルタイムに手軽につながれる、そんな場所を提供

対象:ご自身がカサンドラ症候群で、アスペルガーでない方、性別問わず

つながり方:フェイスブックのグループで
1.にじ百合香のFB(https://www.facebook.com/nijiyurika)にアクセスしていただき、
2.メッセージでアスペルガーを配偶者にもち、ご自身がカサンドラの症状があり、ご自身がアスペルガーでないことを書いていただいた上で、
3.友達申請していただきます。
4.そこから、グループのメンバーとして登録させていただきます。
他.非公開グループですが、すでにつながっていらっしゃる方からグループ内にアクセスできます。またグループ内からもリアルにアクセスできます。プライバシーが気になられる方はできましたら、リアルなFBと別アカウントをおとりになることをお勧めします。


ルールは、
・自己責任
・ほかの方のコメントに否定的な意見を書かない
・守秘義務
他)投稿主さんやコメント主さんの了解を得ずに削除する可能性がある(上の条件やルールが満たされていない場合など、特別な場合で現時点では想定できない)


発起人:にじ百合香、Kiku



完全版投稿まで、アクセスの方法のご指摘と正しい方法をお教えくださった方、
コメントをくださった方、
ありがとうございました。

■  [PR]

あさイチで私たちの立場が取り上げられます

2015年5月25日のあさイチで

メインテーマで
「どう向き合う?夫の発達障害」

私たちの立場が取り上げられます。
あのアキラさんシリーズのツナさんもインタビューにこたえられたとか。

番組のHPもご覧ください
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2015/05/25/01.html





ちなみに、ツナさん、名古屋のサラナさんで講演をなさるそうです。
詳しくは、名古屋のサラナさんのブログをご覧ください。

NHKオンデマンドで見ました。カサンドラ症候群という言葉が取り上げられているのが、嬉しかったです。ただ、成功例に焦点があてられていたように感じました。簡単に診断を受ける夫、その診断を受け入れて乗り越えようとする夫、そんなにたくさんいらっしゃるでしょうか。診断を受け入れられず開き直るケースも珍しくありません。悲惨な例はたくさんあるのに、これでは、乗り越えようとする努力をしない(=しているにもかかわらず表面化しないため)妻が悪いとの流れができてしまいそうです。
一つの意見としてお聞きください。(5月26日記)

■  [PR]